横浜泉ルーテル教会だより

クレマチスに引き留められて

いつものコンビニさんにクレマチスが置いてありました
見事だな~とおもいつつ管理できそうもないので
止めておきましたが・・・
昨夜、最後の一鉢の前を素通りしたつもりが
引き返して、引き取りました(笑)

e0341228_05320768.jpg

こういう高級なタイプってどう扱ったらいいのか調べてみたら・・・


クレマチスは世界中に250種~300種が分布します。特に北半球に温帯に多く分布し、
日本にもおよそ20種が自生します。
ほとんどの種がつるを長く伸ばし、名前もギリシア語のクレマ(つる)に由来します

ええっ!、ご縁がありました

κυλισμα クリスマ

rolling 巻いてあるもの 転がる場所

ギリシャ語聖書では2ペテロ2章22節とか
聖書ではいい用例がありませんが、古典ギリシャ語に
ありそうですね

和名のテッセンも不思議です
前から違和感感じてました
漢字は鉄線みたいですね

とすると、原種は絡みついたらほどけそうもない
クレマなツルなんでしょうか

今朝ツルに触れてみたら固い紐みたいに
しっかりしてました


5月9日(アイスクリームの日・黒板の日・メイクの日)
の誕生花だそうです
もうすぐですね





[PR]
# by yokohama-izumi-lc | 2017-04-25 05:39 | 聖書を原語で考える | Comments(0)

絵にみる道のイメージ


道というと詩的な連想も働きます
ぼくは東山魁夷さんの絵を思い出しました

e0341228_09563809.jpg
1950年作 八戸の海岸だそうです。
テレビでこの絵の解説と実際の風景が紹介されたときに、
この絵の良さがわかりました。
ひと目で独特のシンプルさが心を打ちますよね。
その先がどう続くのか・・・

こういう道も思い出しました。
ギュスターブ・ドレの神曲の挿絵
e0341228_10094703.jpg
西暦(ユリウス暦1300年聖金曜日復活祭直前の金曜日)、
人生の半ばにして暗い森に迷い込んだダンテは、地獄に入った。

あの神曲地獄編の冒頭ですね。

この道は本当に恐怖です。
でもヴェルギリウスという案内人に出会うのでラッキーですね。

さて、洗礼者ヨハネの道のイメージは・・・

マルコによる福音書  1章 3節

荒れ野で叫ぶ者の声がする。
『主のを整え、
その道筋をまっすぐにせよ。』


トリボスが道なんですが、どんな道か辞書を見たら
踏み慣らされた道 小道 道路
動詞のトリゾーは こする すりへらす という意味なんですね

「こする、すりへらす」という本来の意味からかかった労力、苦労が偲ばれます
ショベルなんてないですから
もちろん大事故もつきものだったかと・・・

あのサロメの踊りから命を落とすこととなるとは。。
ひどい道に突き当たりました。

あのイメージ画は正直あまり見たくありません。
カラヴッジョなどリアルですね

使命を受けてはつらつとしたヨハネが
道を指し示す絵にしたいと思いました。

e0341228_10253094.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチ

洗礼者聖ヨハネ

(San Giovanni Battista)1513-1516年
69×57cm | 油彩・板 | ルーヴル美術館(パリ)








[PR]
# by yokohama-izumi-lc | 2017-04-24 20:13 | 聖書を原語で考える | Comments(0)

初め


最近知ったのですが、ハワイのサーファー物理学者が唱えている
E8理論というのが興味深いです。
宇宙草創を幾何学で説明できるそうですね。
なんだか分からなくてもゾクゾクします。


こちらはビレンキンの本、見たら2007年の出版ですから、
すでに過去形かもわかりませんが、

e0341228_12360619.jpg

宇宙論は文系人間にとっていつもロマンを掻き立てられます。
数式はまったくダメなのですが。。

いま13章の「人間原理の論争」あたりを読んでいます。
アウグスティヌスの引用など、単なる修辞を超えて
古代との接点が多くてそのあたりが面白いです

16章のタイトルみると「宇宙には始まりがあったのか」
というテーマですから、それが問題ですよね。きっと・・


始まりははじまりでも、こちらは「初め」
どこがどうちがうのか、文系人間でもよくわかりませんが。。

やはり聖書には初めと終わりがあるからでしょうか。

マルコによる福音書/ 01章 01節

神の子イエス・キリストの福音の初め。

ΑΡΧΗ τοῦ εὐαγγελίου Ἰησοῦ Χριστοῦ .  
アルケー

of Time, to begin, make a beginning, both in
of Authority, to lead, rule, govern,

ヨハネによる福音書/ 01章 01節

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。

ΕΝ ΑΡΧΗ ἦν λόγος, καὶ λόγος ἦν πρὸς τὸν θεόν,
καὶ θεὸς ἦν λόγος.


創世記の巻頭が一番有名ですよね。

創世記/ 01章 01節

初めに、神は天地を創造された。

アルケーに対応するヘブライ語のベレーシートも「初めに」ですね。
e0341228_12541361.jpg

久しぶりに70人訳を開いてみました。
いま分冊で出てるんですね。

ΕΝ ΑΡΧΗ  エン アルケーで始まってました

呼応してますね

ところで、初めに、神は天地を創造された。
と読むのが普通ですが、神は天地を創造された初めに、
との読み方も可能だそうですね

このあたりも最新物理学の難問に重なって面白いと思ってます









[PR]
# by yokohama-izumi-lc | 2017-04-24 06:34 | 聖書を原語で考える | Comments(0)

赦しの使者

復活後第一主日
説教
e0341228_14244177.jpg
赦しの使者
福音書ヨハネ20章19-23節
み言葉の歌
「わが霊さめて」101

白百合の献花にフィギュアが置いてあります
e0341228_14245605.jpg
どなたのでしょうか?
ヒントはドイツ人です
e0341228_14250984.jpg
なんでアヒル口なんでしょうね?



[PR]
# by yokohama-izumi-lc | 2017-04-23 14:33 | 教会週報とお知らせ | Comments(0)

甘味な週末 信仰の薄いとオリゴ糖

最近は終末になると朝はパンケーキを焼いてます
e0341228_06142733.jpg
以前はメープルシロップをたっぷりかけてましたが、
最近は生地のなかにドライフルーツ、干しブドウ
などを一緒にして焼いてます

こうすると、生地そのものが甘くて十分です
かえって、酸味のあるフルーツ、チーズを添えると
味が引き立ちますね

お皿がお気に入りのお魚
別にギリシャ語のお魚「イクテュス」を意識してるわけでは
ありません(笑)

甘味。。。からハチミツ、メープルシロップときて
オリゴ糖を思い出ました

最近聞きませんが、みなさんつかってるでしょうか?

その「オリゴ」が変わった言葉なので気になりました

見つけたのがここ↓

マタイ14章31節 
そこでイエスはすぐに手を伸ばして、彼をつかんで言われた。

信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。」


信仰の薄いの原語 オリゴピスティア 分解 オリゴ ピスティア
そう、あのオリゴ糖のオリゴですね

そこで、オリゴ糖ってなんだろうと思いました034.gif

ウィキによると

「オリゴはギリシア語(ὀλίγος / ラテン文字転写olígos / カタカナ読み「オリゴス」)
で少ないを意味する語であることから、少糖類(しょうとうるい)と呼ぶこともある」

母乳に含まれてるそうですね!

ヒトはオリゴ糖を分解する消化酵素を有していない。
母乳中に乳児が消化できないオリゴ糖が存在する理由は、
乳児の腸内にラクトバシラス属ビフィドバクテリウム属を中心とした腸内細菌を育成させ、
これらの腸内細菌が生成する酪酸酢酸プロピオン酸乳酸などの短鎖脂肪酸により腸内での他の有害な細菌の増殖を抑制する環境を形成することである

母乳と赤ちゃんの消化酵素と腸内細菌の関係に驚きです
善玉腸内細菌のエサにして、有害な細菌を抑える働きをしてるから、
乳児は下痢などから天然に守られてるんですね。010.gif

「信仰」が少ないことが良いことかどうかは別問題でしょうが、
ここで「オリゴ」が使用されてることは、案外とポジティブかもしれません。

あらためてὈλιγόπιστε オリゴピステ

消化できなオリゴ糖ををかかえて生まれた来た「乳児」であるぼくたち。。
信仰の薄い存在であることに、ある意味、ほっといたします












[PR]
# by yokohama-izumi-lc | 2017-04-23 06:42 | 聖書を原語で考える | Comments(0)



横浜駅東口青木橋の小さな教会のお話~個人的感想です