原語から見える聖書のイメージ

マタイ19章24節 ラクダは誤訳? 動物は可愛い

庭にヒヨドリが毎朝来てました
e0341228_05483765.jpg
晩秋くらいから姿をみせ、暖かくなると北のほうに戻るようです
ここ3年くらい続いているので同じヒヨドリ??なのかな・・

とにかく毎朝、バナナ、ミカンやパンをあげるのが楽しみ

「ヒヨちゃん、おはよー♪」と声かけてました。
先週あたりから、なんとなく別れの予感( ノД`)

風に吹かれて。。。渡っていったのかな
e0341228_05482017.jpg
元気でね!

というわけで、ヒヨちゃんロス(笑)状態です。

そこで、聖書の動物から癒されたいと思いましたm(__)m


マタイ19章24節

重ねて言うが

金持ちが神の国に入るよりも
らくだが針の穴を通る方がまだ易しい

カメロンは🐪🐫駱駝
英語と同じですね!camel; Camelus

古代からの言葉がそのまま使用されてることにとっても歴史を感じます。
あらためてラクダって何?
ウィキをチェック


「ラクダを最初に家畜化したのは古代のアラム人ではないかと考えられている。
アラム人はヒトコブラクダを放牧する遊牧民、あるいはラクダを荷物運搬に使って隊商を組む通商民として歴史に登場した。

砂漠を越えることはほかの使役動物ではほぼ不可能であるため、ラクダを使用することによってはじめて砂漠を横断する通商路が使用可能となった。

やがて交易ルートは東へと延びていき、それに伴ってラクダも東方へと生息域をひろげていった」

→アラム人ってあのアラム語を話す民族でしょうか?
旧約聖書にもヘブライ語のほかに一部にアラム語が使用されてるそうです。

新約のイエスもタリタクミとかエリエリランマサバクタニとか
アラム語だそうですね

アブラハムがカナンの地を目指して旅をしましたがラクダのおかげですよね

🐫 🐪 🐫 🐫 🐪 🐫 🐫 🐪 🐫 🐫 🐪 🐫 🐫 🐪 🐫 🐫 🐪 🐫 🐫 🐪 🐫 🐫 🐪 🐫🐪 🐫

ウイキの最後のところに、とっても面白いことが書かれてました

イエスは「金持ちが神の国に入るよりも、ラクダが針の穴を通る方がまだ易しい」
として金持ちを戒めた(新約聖書、マタイ19:24、マルコ10:25、ルカ18:24)。

アラム語では、「ラクダ」と「ロープ」が同音語なので、福音書がギリシャ語で書かれる時、
「ロープ」を「ラクダ」と誤訳したという説がある[要出典]
一方で、当時は「ラクダ」が大きな物の喩えとして用いられており、
誤訳ではないという説もある。」

→アラム語でラクダとロープが同じ発音とすると、

ロープが針の穴を通る方がまだ易しい

という訳のほうが、
確かに意味が通ります(笑)

イエスがアラム語を話されてたとして・・・
ここ誤訳なんでしょうか(;´・ω・)

ラクダなくしてアブラハムの旅路は不可能
ここは、🐫さんのほうが歴史を感じていいですね169.png



[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2017-04-09 06:09 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://izumi9647.exblog.jp/tb/25681257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 枝の主日 マタイ14章30節 風とアネモネ >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧