人気ブログランキング |

原語から見える聖書のイメージ

アンビバレントなイメージからの・・・

今日は荒井献さんの
ユダとは誰かを読んだところです
e0341228_23013279.jpg
ユダ福音書と4福音書の並行記事を丹念に追いながら
相違点、独自な記事の取り扱いなど、とても丁寧なユダ像を追っていて
共感するところが多かったです

なにしろ話が込み入るので、ブログではこの程度にして・・
表紙のシーンが象徴的です

イグナチオ・ジャコメッティの「イスカリオテのユダの接吻」

イエスとユダの表情が何とも言えない味わいに満ちていると思いました

愛憎半ばしながらも、それぞれの想いを遂げざるを得ない・・
そんな矛盾にさらされる時ってありますよね

たまたまこの箇所に来たので、この本と結びつきました

マルコによる福音書 6章 20節
なぜなら、ヘロデが、ヨハネは正しい聖なる人であることを知って、
彼を恐れ、保護し、また、
その教えを聞いて非常に当惑しながらも
なお喜んで耳を傾けていたからである


辞書では、
方法がない 当惑している 途方に暮れている
決心がつかずに迷っている

あのサロメが踊る有名なシーンの前のヘロデの心中の描写のところです

奥さんと民衆と、そして本心と・・・
アンビバレントな気持ち

このあと、惨劇が待っているわけですが、ビアズリーの絵も思い出しました
e0341228_23351740.gif
この絵の解説によると

オーブリー・ビアズリー 「サロメ」より
「クライマックス」

「お前とくちづけしたよ、ヨカナーン」を元にした挿絵。
アンビバレンスに陥ったサロメがヨカナーンの首を手に入れて口づけする、
タイトル通りストーリー中のクライマックス。その邪悪さと高ぶりが表現されている。

ビアズリーのクライマックス
ジャコメッティのユダの接吻

アンビバレンスだからこそ、アートとしても深いと思います


あんまり考えてるとオカシクナルノデ・・・
ユダと呼ばれて「でっかい音で行こうぜ!」と返したディランを聴きながら


なにかスッキリしますね



by yokohama-izumi-lc | 2017-05-13 00:07 | 聖書を原語で考える | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大急ぎで・・モローの出現とサロ... 樹から木へ~ジョルジュ・ド・ラ... >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
中丸まどか・ワウター・ドゥコ..
at 2019-03-08 10:50
Jose Carreras...
at 2019-02-13 08:39
This Is America
at 2019-02-11 19:48
Ariana Grande ..
at 2019-02-09 18:47
METライブビューイング 椿姫
at 2019-02-08 18:43
臘月
at 2019-02-07 19:58
Bach, Sonata f..
at 2019-02-06 20:56
Utagawa Hirosh..
at 2019-02-05 19:16
One of these d..
at 2019-02-04 18:28
Sheku Kanneh-M..
at 2019-02-03 19:13
Roger Waters -..
at 2019-02-02 21:44
A Thousand Yea..
at 2019-02-01 20:28
ユダのはらわた Rita O..
at 2019-01-31 19:40
閉められた戸 Willie ..
at 2019-01-30 18:49
高慢と偏見
at 2019-01-29 20:55
葡萄の木
at 2019-01-28 18:37
叫びを鎮める
at 2019-01-26 21:29
ゴッホの栗の木 弦楽器と打楽..
at 2019-01-24 19:22
金のイヤリングと金の子牛
at 2019-01-23 18:44
ゴッホのアーモンド
at 2019-01-22 19:12
記事ランキング
画像一覧