原語から見える聖書のイメージ

眠い眠くない~グレゴリオ??を聴きながら

この場面、ペトロ、ヤコブ、ヨハネが選抜されて、
緊張感あるなかでの「眠りこける」場面は
とても印象的です

それも3度も眠りこけてるわけですから
人間的で意味深いと思います
e0341228_08112894.jpg
エル・グレコ
オリーブ山のキリスト
まるで眠り色みたいな青が素晴らしいですね


マルコによる福音書  14章 34節
彼らに言われた。「わたしは死ぬばかりに悲しい。
ここを離れず、目を覚ましていなさい。」



γρηγορέω グレーゴレオー 目を覚ましている 
〖比〗(油断せず注意している)
(生きている)


この発音にあれっと思いました

グレーゴレオー
グレゴリオ聖歌
グレゴリウス

似てますよね
e0341228_07504763.jpg
グレゴリウス1世(Gregorius I, 540年? - 604年3月12日

ちなみにグレゴリウスで調べたら・・・

wiki
グレゴリウス (Gregorius) は、ラテン語・ヨーロッパ系の男性名。
原意は『見張るもの』
旧約聖書偽伝・外伝に出てくる堕天使の集団『グリゴリ』の名の意味と同義)
ローマ教皇にこの名を名乗った人物が多く存在する。
グレゴリオグレゴリーグレゴールなどに対応する。

あの変身のザムザもたしか・・

「グレーゴル・ザムザは、ある朝自室のベッドで目覚めると、
自分が巨大な毒虫になってしまっていることに気が付く。
突然のことに戸惑いながらも、
彼はもう少し眠ってみようと試みるが・・・」

さてさて

イエスが3度もチャンスをくれましたが。。。

あとでペトロ、ヤコブ、ヨハネがこの時の状況を
必死に思い出そうとしたのでしょうね

グレゴリア聖歌ってちゃんと聴いてないんですよね
眠くなりそうで

そう思ったの僕だけではないんですね
こういうのがあるとは!

ぐっすり眠れる癒しのグレゴリオ聖歌メドレー ~主はわが光~
これ聞いてませんが(笑)

音楽聞いてるときに眠くなるの困るんですよね
目覚めたくて思い出したのは浜崎あゆみのDuty



イントロのストリングの背後にコーラスがCDでは聴こえるんですが
これがグレゴリオ聖歌を使用したとかライナーノーツ
に記されてた記憶があります

もう手元にないので定かではありません
ライヴでもヴォーカルが遠く響いてるような、いないような??
このイントロのメロディが好きなんです









[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2017-06-08 00:21 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://izumi9647.exblog.jp/tb/25831523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイリス~ニーベルングの指輪「... パンくずと子犬~子犬のワルツを... >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧