人気ブログランキング |

原語から見える聖書のイメージ

金柑~レッドツェッペリンのカシミールを聴きながら

いま庭では金柑が花をつけました
柑橘系はいまごろ咲きますよね
e0341228_04474614.jpg
昨年はたくさんの実がなりました
ジャムにしたりして味をしめたので
たっぷり施肥をしました
今年も期待できそうです

ためしに香りを嗅いだら、
あのケープジャスミンに少し似た香りが・・

実のことばかり考えてたので、くちなしの記憶から
初めて嗅いだら、ほのかですが、いい香りですね

あらためて金柑

中国長江中流域原産。俳句では秋の季語になっている。
英語などの「Kumquat」もしくは「Cumquat」は
「金橘」の広東語読み「gam1gwat1 (カムクヮト)」に由来する。

くちなしは喜望峰につながりましたが、
金柑は長江中流、カムクヮト・・・

あの金の皮に価値があります

ところで聖書には柑橘系があって良さそうなのですが
聖書植物園には見当たりません

ただしヒントがありました

ミルトスのところで

ユダヤ教の「仮庵祭」で使用される4つの植物
(ナツメヤシの葉、アラバ:かわやなぎの枝、エトログ:シトロン、ミルトス)のひとつ。

このシトロンが柑橘系ですよね

シトロンをしらべたら

ユダヤ教では一部の品種の果実をエトログヘブライ語:אֶתְרוֹג)と呼び、
仮庵の祭り」で新年初めての降雨を祈願する儀式に用いる四種の植物の1つとする。

原産はインド東部、ガンジス川上流の高地。
しかし紀元前にはすでにローマ中国に伝来していた。
またアメリカ大陸にはコロンブスによる到達以降に伝わった。
日本では「本草図譜」(1828年)に記載されているので、
江戸時代以前に伝わっていたと思われる。
e0341228_05152600.jpg
ヘブライ語もわかり嬉しいです

あのクエン酸の語源ですね

金柑からガンジス川上流までの旅路
楽しかったです

東洋と西洋が出会うところ・・
どういうわけかレッドツェッペリンの
カシミールを聴きたくなりました



バーンスタインもコード進行に大変興味示していましたよね
この独特な感じがとても好きです


Led Zeppelin - Kashmir - Celebration Day

時を経て・・これも良いですね


by yokohama-izumi-lc | 2017-07-17 02:59 | 聖書を原語で考える | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ecstasyとparadox... ケープ・ジャスミン~喜望峰を見ながら >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ウィーン・モダン展 国立新美術館
at 2019-05-04 09:12
中丸まどか・ワウター・ドゥコ..
at 2019-03-08 10:50
Jose Carreras...
at 2019-02-13 08:39
This Is America
at 2019-02-11 19:48
Ariana Grande ..
at 2019-02-09 18:47
METライブビューイング 椿姫
at 2019-02-08 18:43
臘月
at 2019-02-07 19:58
Bach, Sonata f..
at 2019-02-06 20:56
Utagawa Hirosh..
at 2019-02-05 19:16
One of these d..
at 2019-02-04 18:28
Sheku Kanneh-M..
at 2019-02-03 19:13
Roger Waters -..
at 2019-02-02 21:44
A Thousand Yea..
at 2019-02-01 20:28
ユダのはらわた Rita O..
at 2019-01-31 19:40
閉められた戸 Willie ..
at 2019-01-30 18:49
高慢と偏見
at 2019-01-29 20:55
葡萄の木
at 2019-01-28 18:37
叫びを鎮める
at 2019-01-26 21:29
ゴッホの栗の木 弦楽器と打楽..
at 2019-01-24 19:22
金のイヤリングと金の子牛
at 2019-01-23 18:44
記事ランキング
画像一覧