原語から見える聖書のイメージ

山~武満徹グリーンを聴きながら

最近よく見るテレビは日本百名山
さだまさしの歌がまず素晴らしい
e0341228_04103394.jpg
そして毎回個性的なガイドさんたちにお会いするのが楽しみ
実際に山登りを体感させてくれるナレーションさんが爽やか

木々
野鳥
花々
渓谷
雲海
ご来光etc.

日本は山に恵まれてますね

最近では多摩川の最初の一滴が流れる場所がある笠取山にいって来ました
テレビで(笑)

海の日山の日
あと川の日、湖の日が欲しいこの頃です


ルカ8章に入ってますが
振り返るとここから一滴が始まってますね
e0341228_04113144.jpg

ルカ6:12
このころ、イエスは祈るためにへ行き、夜を徹して神に祈られた。


ὄρος オロス 山 丘

διανυκτερεύω ディアニュクテレウオー 夜を過ごす(明かす)

12弟子を選ぶマタイとマルコの平行箇所を見たら
このルカでの山のシーンがありませんね

ここがあるから、むしろ良いと思います
当時は野獣とか、危険も多い山でしょう

どういう山なのかさっぱりわかりませんが、
麓で待つ弟子たちの気持ちとの対比を想像すると面白いです

弟子たちから12人を選んで「使徒」とした原点に
夜を徹して祈ったイエスの決断が込められてるとすれば
イスカリオテのユダにも深い配慮があるはず・・・


その時の夜空はどうだったのでしょう


たったの一行ですが、ルカのこの節にいろいろと想像が膨らみます。

ある教会では新年とか、山にのぼって祈るというイベントを
されてるところがあると聞いたこともありますが・・

いついかなる場合でも、ガイドさんがとても大切だと思います
e0341228_04123373.jpg
山で孤独になる・・・
しかし豊かな対話がある
そんなイメージの音楽

武満徹のグリーン


武満徹:グリーン / 小澤征爾指揮トロント交響楽団

以前はノヴェンバーステップス第2番というタイトル
でも記憶がありますが。。
もっと新しい演奏家で聴きたい思いがあります

この曲とても好きなんです。

曲想が自然の息吹のようで
根源的な生の動きを感じます





[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2017-07-27 04:18 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://izumi9647.exblog.jp/tb/25940748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< とも書いてある~写本を見ながら とうごま~サラ・ブライトマンの... >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧