人気ブログランキング |

原語から見える聖書のイメージ

12~クエスチョン オブ オナー 使徒1章18-26

e0341228_05195837.jpg
こちらはBFでしょうね
イケメン猫の流し目で
彼女もニコニコしてたんでしょうか?
シルバーのネックレスがおしゃれです
・・・手芸っていいですね(教会のミニバザーで手に入れました)

さて


今日のパラグラフは「マティアの選出」
使徒の行動1章18節から
この箇所、長いですね

ただの欠員ではないし、イエスの選びではないし
どう権威づけるかが問題

やはりイエスの選んだ使徒から、受難が起こったという
ある意味、逆受難で必死に合理化しようとしてるようにも見えますが・・

まずは不正があったというのですが、
死人に口なしですよね

1章 18節新共同訳
ところで、このユダは不正を働いて得た報酬で土地を買ったのですが、
その地面にまっさかさまに落ちて、体が真ん中から裂け、
はらわたがみな出てしまいました。

ἀδικία アディキア 不正
辞書ではこの箇所で「不義に対する報酬」


1章 19節
このことはエルサレムに住むすべての人に知れ渡り、
その土地は彼らの言葉で『アケルダマ』、
つまり、『血の土地』と呼ばれるようになりました。

χωρίον コーリオン 土地 地所 所有地


エルサレムに知られてるという証拠のように
「土地」まで、忌み嫌う言い草

いわくつき物件ですね

1章 20節
詩編にはこう書いてあります。『その住まいは荒れ果てよ、
/そこに住む者はいなくなれ。』/
また、/『その務めは、ほかの人が引き受けるがよい。』

καίΤὴν ἐπισκοπὴν αὐτοῦ λαβέτω ἕτερος.



詩編まで引用して、預言の成就というより、

呪いをかけるような響きがします


ギリシャ語訳の詩編のどこからの引用なのか

いまはすぐにわからないので、いつかは確認をしたいです


ポイントは使徒の欠員補充の話ですよね



1章 21‐22節

そこで、主イエスがわたしたちと共に生活されていた間、
つまり、ヨハネの洗礼のときから始まって、わたしたちを離れて天に上げられた日まで、
いつも一緒にいた者の中からだれか一人が、わたしたちに加わって、
主の復活の証人になるべきです。」

21] δεῖ οὖν τῶν συνελθόντων ἡμῖν ἀνδρῶν ἐν παντὶ χρόνῳ

εἰσῆλθεν καὶ ἐξῆλθεν ἐφ᾽ ἡμᾶς κύριος Ἰησοῦς,

22] ἀρξάμενος ἀπὸ τοῦ βαπτίσματος Ἰωάνου ἕως τῆς ἡμέρας ἧς ἀνελήμφθη ἀφ᾽ ἡμῶν,

μάρτυρα τῆς ἀναστάσεως αὐτοῦ σὺν ἡμῖν γενέσθαι ἕνα τούτων.


回りくどい文章ですが、真っ先に「なるべきだ」がきてます


δεῖ デイ することが必要である

ねばならない すべきである


ペトロは演説で何としても12使徒という形を維持したかったようですね


イエスと一緒に行動を共にしたあの日々を大切にしたいんでしょう


1章 23節

そこで人々は、バルサバと呼ばれ、ユストともいうヨセフと、
マティアの二人を立てて

23] καὶ ἔστησαν δύο, Ἰωσὴφ τὸν καλούμενον Βαρσαββᾶν,

ὃς ἐπεκλήθη Ἰοῦστος, καὶ Μαθθίαν.


一緒に行動を共にしていた弟子たちはたくさんいたんですね


ヨセフはとくに注意深く名前を記載してますね


1章 24節

次のように祈った。「すべての人の心をご存じである主よ、
この二人のうちのどちらをお選びになったかを、お示しください。

24] καὶ προσευξάμενοι εἶπαν Σὺ κύριε καρδιογνῶστα πάντων,

ἀνάδειξον ὃν ἐξελέξω, ἐκ τούτων τῶν δύο ἕνα,


σύ スュ あなた 君 
呼格を強め、主語を正確にまたは強調して
示すために等に用いられる

訳では訳されてないところが分かるところが原語のいいところ

祈りの内容はくじですから、念力かけてますね
同時に「使徒職」に権威を持たせてる感じ


1章 25節
ユダが自分の行くべき所に行くために離れてしまった、
使徒としてのこの任務を継がせるためです。」

ἀποστολή アポストレー 使徒職 派遣

1章 26節
二人のことでくじを引くと、マティアに当たったので、
この人が十一人の使徒の仲間に加えられることになった。

κλῆρος クレーロス くじ 

やっと、「マティアの選出」が終わりました

このあとがあの聖霊降臨となるわけですから、
12人とする、その「数字」に意味があったようです


音楽はイレヴン
それに監督を足して12


ワールドカップ代表戦となると本当に大変ですね


by yokohama-izumi-lc | 2017-10-20 05:23 | 聖書を原語で考える | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 率直に語る~JUJU 素直にな... くじ運~エリック・クラプトン ... >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ウィーン・モダン展 国立新美術館
at 2019-05-04 09:12
中丸まどか・ワウター・ドゥコ..
at 2019-03-08 10:50
Jose Carreras...
at 2019-02-13 08:39
This Is America
at 2019-02-11 19:48
Ariana Grande ..
at 2019-02-09 18:47
METライブビューイング 椿姫
at 2019-02-08 18:43
臘月
at 2019-02-07 19:58
Bach, Sonata f..
at 2019-02-06 20:56
Utagawa Hirosh..
at 2019-02-05 19:16
One of these d..
at 2019-02-04 18:28
Sheku Kanneh-M..
at 2019-02-03 19:13
Roger Waters -..
at 2019-02-02 21:44
A Thousand Yea..
at 2019-02-01 20:28
ユダのはらわた Rita O..
at 2019-01-31 19:40
閉められた戸 Willie ..
at 2019-01-30 18:49
高慢と偏見
at 2019-01-29 20:55
葡萄の木
at 2019-01-28 18:37
叫びを鎮める
at 2019-01-26 21:29
ゴッホの栗の木 弦楽器と打楽..
at 2019-01-24 19:22
金のイヤリングと金の子牛
at 2019-01-23 18:44
記事ランキング
画像一覧