人気ブログランキング |

原語から見える聖書のイメージ

ユダの良い時の神秘~Careful with That Axe, Eugene - Pink Floyd マルコ14章11節

使徒の行動4章の途中ですが
強いペトロの振り返りで今度はイスカリオテのユダ

ペトロは呪いながらも立ち返り
イスカリオテのユダは散々な言われよう・・

いよいよイエスを殺す計略が練られ始めたなかでの
イスカリオテのユダの行動が神秘的ですよね

まえにも書いた気もしますが、忘れがちなので
この本のことを思い出しながら・・

e0341228_23013279.jpg

彼の行動の直前にはべタニアでのナルドの香油の話があるわけですけど、
これ、とても重要な伏線だと思ってます

どうも、女性に優しいイエスに疑問を感じたような気がしますが・・

マルコによる福音書 14章 11節 新共同訳

彼らはそれを聞いて喜び、金を与える約束をした。
そこでユダは、どうすれば折よく
イエスを引き渡せるかとねらっていた


この「折よく」と訳されてる言葉
εὔκαιρος ユーカイロス ちょうど良い時 時宜にかなった
好都合の 

このεὔκαιροςですが、
εὔ と καιρος 時
よい時

このεὔは 豊富 繁栄 容易 よい事 の接頭辞

あの「福音」のεὐαγγέλιον ユーアンゲリオンの接頭辞
よい+知らせ

直前のマルコ14章9節で「εὐαγγέλιον」をイエスが言われてますね
このユダの「εὔκαιρος」と対応しているように見えます

7節でも、「εὖ ποιῆσαι」ユーポイエーサイ 良いこと
が使用されてます

香油の出来事を挟んで3つのεὖ

荒井献さんのユダ論とは別にして
3つのεὖ のなかに、
業の成就の神秘があるように思いました


音楽は不安と恐怖と神秘のトリプルを感じる曲
ユージン斧に気をつけろ

偶然ですがEugeneも 
eu (怖)!

Careful with That Axe, Eugene - Pink Floyd
Live at Pompeii

ロジャーウオータースの絶叫が鳥肌もの
彼がいるころのピンク・フロイドは
何かが違いますね

とても深いです


by yokohama-izumi-lc | 2017-11-11 06:58 | 聖書を原語で考える | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オットーネーベル展 文化村ミュ... ただの人~テヨン/Rescue... >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ウィーン・モダン展 国立新美術館
at 2019-05-04 09:12
中丸まどか・ワウター・ドゥコ..
at 2019-03-08 10:50
Jose Carreras...
at 2019-02-13 08:39
This Is America
at 2019-02-11 19:48
Ariana Grande ..
at 2019-02-09 18:47
METライブビューイング 椿姫
at 2019-02-08 18:43
臘月
at 2019-02-07 19:58
Bach, Sonata f..
at 2019-02-06 20:56
Utagawa Hirosh..
at 2019-02-05 19:16
One of these d..
at 2019-02-04 18:28
Sheku Kanneh-M..
at 2019-02-03 19:13
Roger Waters -..
at 2019-02-02 21:44
A Thousand Yea..
at 2019-02-01 20:28
ユダのはらわた Rita O..
at 2019-01-31 19:40
閉められた戸 Willie ..
at 2019-01-30 18:49
高慢と偏見
at 2019-01-29 20:55
葡萄の木
at 2019-01-28 18:37
叫びを鎮める
at 2019-01-26 21:29
ゴッホの栗の木 弦楽器と打楽..
at 2019-01-24 19:22
金のイヤリングと金の子牛
at 2019-01-23 18:44
記事ランキング
画像一覧