原語から見える聖書のイメージ

シューベルトのセレナーデ 使徒7章13節~14節

年末に最高の映画に出会えました
リンク先の公式ホームページから予告が見られます

予備知識ゼロ、あとでギターのビッグネームに多大な影響を与えた人と知りました
e0341228_17034135.jpg
良い映画は、最初のシーンや、何気ないところに深い意味を
持たせていたんだと分かるものですね

ナマズの髭、お猿さんなど、時代を辛辣に風刺してます
もう夢中で見て、聴いて、感動してました
パンフレットとサントラをお正月にじっくり楽しみたいと思います

良い映画は絶対にブログにしたくないですね(笑)
ストーリーやネタがばれたら非常にもったいないです
これがぼくの感想となります

さて


今日のパラグラフは「ステファノの説教」
使徒の行動7章13節から適当な段落までの雑感です

歴史を知ることは現在を理解すること
ステファノの路線はそんな感じですね


7:13口語訳
二回目の時に、ヨセフが兄弟たちに、自分の身の上を打ち明けたので、
彼の親族関係がパロに知れてきた


γνωρίζω グノーリゾー 知らせる 打ち明ける 告げる 
φανερὸν ファネロン 目に見える 明らかな 周知の
γένος ゲノス 子孫 一族 素性 血縁関係

ヨセフは夢解きの才能がありましたね
飢饉を予知したのもそのお陰
その結果、親族に会えた

ユダヤ人の同族意識は強固ですね


7:14
ヨセフは使をやって、父ヤコブと七十五人にのぼる親族一同とを招いた


μετακαλέω メタカレオー 来るように呼ぶ 招く 呼び寄せる

岩隈対訳の注、70人訳では75人だそうです
ルカは70人訳でヘブル語聖書を読んでますね

最近、秦剛平さん訳の70人訳モーセ5書の文庫版を買いました
注がとてもいいですね

とにかく全員がハングリーなんですから、親族の親族の・・
なんてあったんでしょうか?

さて音楽は・・
グノーリゾー 「打ち明ける」から

白鳥の歌の第4曲

歌も良いですが
ブニアティシビリのピアノで・・





[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2017-12-31 04:44 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://izumi9647.exblog.jp/tb/26373300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヴォルフ/アナクレオンの墓 使... ショスタコーヴィチ交響曲第7番... >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧