原語から見える聖書のイメージ

ゲルギエフ指揮ボレロ 使徒7章17節~18節

絶好の初日の出
年末の大掃除が間に合わなくて・・
あの眠たそうにしていたワンちゃんと象さんを
e0341228_19474271.jpg
たっぷりと陽に当ててあげました

恩返しなのか、このあと良い景色が見られました
e0341228_19500826.jpg
夕日の名勝、秋谷海岸の立石
富士に松、アロエ

e0341228_03453805.jpg
そして自生してる日本水仙
香りが素晴らしかったです

さて

今日のパラグラフは「ステファノの説教」
使徒の行動7章17節から適当な段落までの雑感です

アブラハム
イサク
ヤコブ
ヨセフ
と世代をたどるのユダヤ人は大好きみたいですね
いわゆる「ルーツ」というあれでしょうか

7:17口語訳
がアブラハムに対して立てられた約束の時期が近づくにつれ、
民はふえてエジプト全土にひろがった


χρόνος クロノス 時 期間 時期 
ὁμολογέω ホモロゲオー 承認する 打ち明ける 約束する
αὐξάνω アユクサノー 増大させる 成長する 増す

民の増大は神の恵みという発想でしょうね
産めよ増えよ

当時、乳児死亡率は高いでしょうから、ユダヤ式育児法なんて知恵が
ありそうですね。
自然に増えた、程度の事ではない気がします


7:18
やがて、ヨセフのことを知らない別な王が、エジプトに起った。


ἄχρι アクリ まで 
οἶδα オイダ 知っている 知り合いである 心得ている

岩隈対訳ではアクリの訳し方が良いです
(ついに)ヨセフを知らないほかの王がエジプトの上に立つまで(に至った)

イスラエルの民の世代も変わるし、それはエジプトも同じこと
問題は、「引継ぎ」があるかどうかですよね
そんなの聞いてないと言われたらお終い

音楽は・・・
ついに・・に至った
からの連想でボレロ


ゲルギエフ指揮/ロンドン交響楽団

同じリズムを繰り返しながら、次々に引き継いでいく
単調に見えながら、緊張と多様性に目を見張りますね
オルガンも響きが綺麗ですね

どんどん増大して・・最後の最後で大太鼓とドラが暴発する
「ついに至った」という気がするクライマックスです



by yokohama-izumi-lc | 2018-01-02 04:17 | 聖書を原語で考える | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< レアンドロ・エルリッヒ展 森美術館 ヴォルフ/アナクレオンの墓 使... >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
中丸まどか・ワウター・ドゥコ..
at 2019-03-08 10:50
Jose Carreras...
at 2019-02-13 08:39
This Is America
at 2019-02-11 19:48
Ariana Grande ..
at 2019-02-09 18:47
METライブビューイング 椿姫
at 2019-02-08 18:43
臘月
at 2019-02-07 19:58
Bach, Sonata f..
at 2019-02-06 20:56
Utagawa Hirosh..
at 2019-02-05 19:16
One of these d..
at 2019-02-04 18:28
Sheku Kanneh-M..
at 2019-02-03 19:13
Roger Waters -..
at 2019-02-02 21:44
A Thousand Yea..
at 2019-02-01 20:28
ユダのはらわた Rita O..
at 2019-01-31 19:40
閉められた戸 Willie ..
at 2019-01-30 18:49
高慢と偏見
at 2019-01-29 20:55
葡萄の木
at 2019-01-28 18:37
叫びを鎮める
at 2019-01-26 21:29
ゴッホの栗の木 弦楽器と打楽..
at 2019-01-24 19:22
金のイヤリングと金の子牛
at 2019-01-23 18:44
ゴッホのアーモンド
at 2019-01-22 19:12
記事ランキング
画像一覧