原語から見える聖書のイメージ

使徒の行動9章24節

いまはレント
四旬節とか受難節とかいいますよね
でもこの花の名はクリスマスローズ
e0341228_06112124.jpg
今年は一叢が大きくなりました
地味なんですが、いろんな色彩が生まれるそうで人気ですよね

調べたらヨーロッパではヘレボルスといそうで、
クリスマスローズは一部の種類だけだそうです
初めて知りましたが、いつも変だなと思っていたのでガッテンです(笑)

イースターローズのほうがいいかも??

さて

必要にして十分な時間をかけてサウロを排除しよう決議しましたが・・

ἐγνώσθη δὲ τῶ σαύλῳ ἡ ἐπιβουλὴ αὐτῶν. παρετηροῦντο δὲ
καὶ τὰς πύλας ἡμέρας τε καὶ νυκτὸς ὅπως αὐτὸν ἀνέλωσιν·

9:24 口語訳
ところが、その陰謀が彼の知るところとなった。
彼らはサウロを殺そうとして、夜昼、町の見守っていたのである。


ἐπιβουλή エピブーレー (敵対的な)企て たくらみ 陰謀

παρατηρέω パラテーレオー よく観察する じっと見守る 窺う 見張る

πύλη ピュレー 門扉 門 町の門

ダマスコにはアナニヤはじめ有力なキリスト教徒がすでにいるわけですから、
情報は洩れますよね

新共同訳も「陰謀」と訳してますが、非合法の企みでしょうか?
エルサレムから来た大祭司の書状を持って来た人物ですから、
ダマスコでのサウロの転向を周知したうえでの、
計画的な措置だろうと思います。
時間をかけた意味がありますよね

サウロは袋のネズミ状態ですが・・












[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-03-15 06:18 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://izumi9647.exblog.jp/tb/27138419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< しあわせの絵の具 使徒の行動9章23節 >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧