原語から見える聖書のイメージ

使途の行動10章20節

テレビのニュースですが
スタバだったかな、このまえ問題をを起こした顧客対応で一斉研修をしたそうですが、
今度は脱プラスチックの取り組みを始めたそうですね
海が分解されないプラスチック、ビニールなどで海洋生物がひどい目にあってます

e0341228_04041341.jpg
まだ一部のお店らしいですが、とりあえずストローを紙製にしたり、パスタに変更したりして、
廃棄物が出ないこころみはとてもいいと思います

このニュースで言ってましたが環境省はまだ検討もしてないそうですね
何十年も前から想定内の問題だとだと感じてますが・・

スタバは禁煙で居心地はいいのですが、コーヒーの味が好みではありません
ドトールが好きなのですが、分煙なので苦手
最近、マイナーなお店ですがスイーツ専門店のカフェを見つけました
景色もいいし、安いし、静かで読書には居心地がいいです

そういえば毎朝落ち葉掃除して集めた有機物などを庭のすみに集めてます
梅雨時の雨で分解がすすみ、来年にはいい肥やしになるかともくろんでます

さて
長年の習慣や戒めの文化に染められてるペトロス
悩みに悩んでるんでしょうか
客人が来たヨと聖霊に促されて・・

ἀλλὰ ἀναστὰς κατάβηθι καὶ πορεύου σὺν αὐτοῖς μηδὲν διακρινόμενος,
ὅτι ἐγὼ ἀπέσταλκα αὐτούς.

口語訳
さあ、立って下に降り、ためらわないで、彼らと一緒に出かけるがよい。
わたしが彼らをよこしたのである」。

新共同訳
立って下に行き、ためらわないで一緒に出発しなさい。
わたしがあの者たちをよこしたのだ。」


ἀλλά アッラ しかし だが さあそれでは

なにしろ3度目の男ペトロス
頑固ですよね
アッラのニュアンスはとても大きいと思います
口語訳はきちんと訳してますね

διακρίνω ディアクリノー 自分自身と議論する ためらう 疑う

幻の意味は頭では分かっていても、体が言うことを聞かない状態なんでしょうか?

これまでのペトロスはあちこちフッワーク良かったですよね
あらたなチャレンジですね

ἀποστέλλω アポステッロー 派遣する 遣わす
現在完了形ですので、今が実感できます

かつエゴー「私が」なんて強調されたら問答無用

それほどペトロスの煩悶は深かったのかな
合点がなかなか行かなかったんでしょうね

宿を貸した皮なめし職人のシモンはどう様子を観察してたのか
とても興味があります








[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-06-07 04:46 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://izumi9647.exblog.jp/tb/27317231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< モリのいる場所 使途の行動10章19節 >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧