原語から見える聖書のイメージ

白妙菊雑感


梅雨まさに本番
たまに日が射すと嬉しくなるのは、干し物がたまるから(笑)

久しぶりにシロタエギクを植えてみました
e0341228_07591743.jpg
シロタエギクは寄せ植えでもよく使われてますよね
引き立て役として欠かせない働きをしてるし、
その白さが独特

白い葉っぱの茎の先も白く
白いボール状の花芽がだんだんと黄色くなり、いま繊細な黄色い花を咲かせてます

ふつうは花を咲かせないで切り結ぶとサイトにあって驚きました
黄色い花はまさに菊
とても綺麗だと思います

大株にならないようにするのがコツらしいですね
さっそく、切って挿してます

この白さはなんだろうと興味があるので
名前からいろいろとネットサーフィン

英語では

「英名の「dusty miller」は、「ホコリまみれの粉屋」という意味で、こちらも全体に粉を吹いたような草姿に由来します」

あの水車小屋で挽いた小麦粉などを手作業で袋詰めしたり選別したりするんでしょうか?
昔の「粉屋」のイメージですよね

そういえばさるやんごとなき方を粉屋の娘などと巷で揶揄したのを耳にした古い記憶がよみがえりました(笑)

一生懸命に作業してる様子がダスティに込められていて
いま普通に使うダストやダスティのネガティヴなイメージが白く中和されました

ミラーからシューベルトの「美しき水車小屋の娘」も連想します
Die schöne Müllerin
ミューレリンですから同じ語源ですよね?

涙の雨という曲がとてもいいので貼り付けます

涙の雨(美しき水車小屋の娘)日本語詞:森本祐二


「Senecio(セネシオ)は、ラテン語の
 「senex(老人)」が語源。」

上院はたしかセネターとかいいますよね
元老院のイメージですね
まちがっても日本の参院のイメージではありませんが(笑)

聖書にも白髪を賛美する箴言がどこかにありました

ふと思い出したのですがパウル・クレーに「セネシオ」という絵があったような気がしたので
探すと
e0341228_04561996.jpg
この絵良く知ってます
まさか、シロタエギクの黄色い花だとはびっくりしました

原産は地中海沿岸だそうですから、クレーが色彩に開眼したチュニジアの思い出も
込められてるんでしょうね

それで肝心の「白妙の」

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 / 持統天皇

百人一首はカルタしないからあまり知りませんが、この白妙のという枕詞は好きです

ビシッと青空に白い洗濯物がはためく。。気持ちいいですよね
詩の意味はもっと深いのかしらん??





[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-06-21 05:05 | 読書・植物・他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://izumi9647.exblog.jp/tb/27351828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ジョルジュ・ブラック展ーメタモ... 憂いなきジャガイモ雑感~音楽の... >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧