原語から見える聖書のイメージ

ベートーヴェンのピアノソナタ第4番変ホ長調雑感~オピッツ

オピッツのベートーヴェン・ピアノソナタ全集も積読
3枚目のCDから初期の作品を中心に聞き始めました

e0341228_07173533.jpg
録音がホールトーンでとっても心地よいですね

3枚目は9番ホ長調、10番ト長調が作品14で対になり
19番ト短調20番ト長調が作品49で対になり
作品14は3楽章形式
作品49は2楽章形式とこれまた対照的

その最初に4番が置かれてます

なかなか聴きごたえがあるのでこれを繰り返して聴いてます
まず変ホ長調

13番、18番、26番もそうなんですね

第一楽章の和音を4つガツンと踏み固めるような意思の強さがなかなか
強情で好きです

ちょっとあのエロイカのテーマに発展していってもおかしくないダイナミズム
展開部の跳ねるような力感からのコーダなど「らしさ」満載ですね

第二楽章のしっとり感など、瞑想肌のベートヴェンの素顔にほっとします

wikiで調べたらへ~でした

長さの面ではベートーヴェンの全32曲のピアノソナタの中でも
第29番ハンマークラヴィーア)に次ぐ大作となった[4][5][1]
カール・ツェルニーは「熱情」と愛称で呼ばれるべきは第23番ではなく
このソナタではないかと述べている[4]


ハンマークラヴィーアは別格としてもあの23番熱情の演奏時間を思わず調べたら
本当にそうですね


それだけ第二楽章ラルゴが充実してるということでしょうか
歌が心地いいです


第三楽章の中間部変ホ短調の3連符は独特で
これがあるからベートヴェンという感じ


たしかエロイカの終楽章もロンドだったような気がしますが、
このロンドの解放感あるテーマに嵐のようなこの部分がいいですね
e0341228_07523728.png
なにかとエロイカを連想します(笑)

9月先取りでブログ書いてますが
e0341228_07473946.jpg
今朝の朝焼け

曲は1797年10月にウィーンアルタリアから出版され・・・

とのことですので、いまごろ作曲してたのかな??

YouTubeでバレンボイムがありました
グランドソナタというサブタイトルがついてるんですね






[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-08-31 07:59 | 美術・コンサート・映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://izumi9647.exblog.jp/tb/27525978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武満徹のカシオペア~小澤征爾指揮 グールドのヒンデミット雑感 >>



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧