原語から見える聖書のイメージ

カテゴリ:聖書を原語で考える( 412 )

祀る~死んだ男の残したものは

昨日読んだこの記事が面白かったです
毎日お世話になるトイレットペーパーなどが傑作


とにかく発想が豊かで意味が深いなと思いました

焼き鳥の櫛とアイスの棒なんかまるで卒塔婆(笑)

いわゆるナントカフォビアみたいな病的なものでもないんです

集めるアーティストというとピカソを思い出しますが

ご本人の言葉がいいなと思いました

ーー戌一さんにとって「集める」とは?

記録というか、記念というか、感謝というか。
もし我々が人間より強くて賢い生き物に捕食される場合、どうせなら残さず食べてもらって、その痕跡(最期に自分の肉が刺されていた串や、肉が乗っていた器)
を祀ってもらいたいと思うので、私もそのようにしております。
そしてもちろん、衛生面には細心の注意を払っております。


「祀る」なんてこういう身近なものだったんですね

そこからの連想ですが、
拝する、というとこのやり取りを思い出します

使徒の行動10章口語訳

10:25
ペテロがいよいよ到着すると、コルネリオは出迎えて、彼の足もとにひれ伏して拝した
ὡς δὲ ἐγένετο τοῦ εἰσελθεῖν τὸν πέτρον, συναντήσας αὐτῶ ὁ κορνήλιος πεσὼν
ἐπὶ τοὺς πόδας προσεκύνησεν.

ροσκυνέω プロスキュネオー 跪いて崇拝する

10:26
するとペテロは、彼を引き起して言った、「お立ちなさい。わたしも同じ人間です」。
ὁ δὲ πέτρος ἤγειρεν αὐτὸν λέγων, ἀνάστηθι· καὶ ἐγὼ αὐτὸς ἄνθρωπός εἰμι.

ἄνθρωπος アンスローポス 人間


同じ人間だというのは簡単ですが、トイレットペーパーみたいに
表現できたら気持ちいイイと思いました

なんとなくこの曲がしっくりきます
この物悲しさが・・・




武満徹/谷川俊太郎
死んだ男の残したものは、林 美智子

じれた脚と乾いた涙
・・・
思いで一つ残さなかつた





[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-09-05 14:45 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

道~闇のち雨

猛暑でできなかった朝のルーティンをやっと再開できました
e0341228_08163795.jpg
5時半すこしまえ
公園にはリスが木に上り、スズメがたくさんモーニングしてました

腕立て伏せはもうかれこれ10年以上は継続してますので、
あんがいすぐに通常レベルまで回復して嬉しいです

ルーティンというからにはいつでもさりげなく・・という感じなんでしょうけど、
曲道もありますね

語源調べたらあの「道」ルートの現在分詞形
ラテン語の意味は切り開かれた道ということで由緒正しい意味がずらり

和製英語のルーチン感覚でした

道というとヨハネがあまりにも有名なのであらためて

14:4
わたしがどこへ行くのか、そのはあなたがたにわかっている」。
καὶ ὅπου [ἐγὼ] ὑπάγω οἴδατε τὴν ὁδόν.
14:5
トマスはイエスに言った、「主よ、どこへおいでになるのか、
わたしたちにはわかりません。どうしてそのがわかるでしょう」。
λέγει αὐτῶ θωμᾶς, κύριε, οὐκ οἴδαμεν ποῦ ὑπάγεις· πῶς δυνάμεθα τὴν ὁδὸν εἰδέναι;
14:6
イエスは彼に言われた、「わたしはであり、真理であり、命である。
だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。
λέγει αὐτῶ [ὁ] ἰησοῦς, ἐγώ εἰμι ἡ ὁδὸς καὶ ἡ ἀλήθεια καὶ ἡ ζωή·
οὐδεὶς ἔρχεται πρὸς τὸν πατέρα εἰ μὴ δι᾽ ἐμοῦ.

イメージとして
ルオーの「郊外のキリスト」
e0341228_08424835.jpg


ὁδός
ホドス
道 道路 通り 歩行 旅行 旅 

地上の道は、切り開かれてないところがミソでしょうね

朝日はルーティンのごとく昇りますが
安息日は日没から始まるところが意味深だとおもいます



音楽は、このナイーヴな歌声が気に入りました

the studs- "yami nochi ame"




あの日見つけた 誰かの足跡
グシャグシャになり 消えてしまった

羽のない鳥は ただ
次の空を探している







[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-08-26 08:43 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

マリア~悲愴

フロイトの「モーセと一神教」の第一部を読み終わりました
第二部が楽しみです

モーセの神とアートン教や、ミディアンのヤハゥエとの関係など深層心理から見えてくる
分析がとっても面白いです

149ページからいくつかの引用を・・

「・・信者が救世主の血と肉を体内化するキリスト教の聖体拝受の儀式は古代のトーテム饗宴の
内実の反復であるが・・

父なる神との和解宥和ということだが、この宗教上の革新は、父なる神の廃位と
除去という結果に至ったのである。
ユダヤ教は父親の宗教であったのだが、キリスト教は息子の宗教に変貌をとげてしまった。

・・キリスト教はもはや厳格に一神教的ではなくなり、・・
偉大なる母性神格をふたたび打ち立て、・・・」

このあたりはそれほど目新しくない印象ですが
神経症や先史時代の失われた記憶と個人の幼年時代の記憶との関係などから、
モーセとユダヤの民の記憶と抑圧との相互関係など、
「聖」の名のもとに隠された分析にとても興味惹かれます


母性神格というとマリアのイメージが浮かびます
聖母以外にもとにかくたくさんの「マリア」が登場しますよね

ルカ24:10口語訳
この女たちというのは、マグダラのマリヤ、ヨハンナ、およびヤコブの母マリヤであった。
彼女たちと一緒にいたほかの女たちも、このことを使徒たちに話した。

ἦσαν δὲ ἡ μαγδαληνὴ μαρία καὶ ἰωάννα καὶ μαρία ἡ ἰακώβου·
καὶ αἱ λοιπαὶ σὺν αὐταῖς ἔλεγον πρὸς τοὺς ἀποστόλους ταῦτα.

μαρία マリア
旧約のミリアム

wiki
「マリアという女性名はミリアムのアラム語読みに由来する。

モーセの姉もミリアムなので、意味深ですね

「荒野を放浪した民がヘツェロトにいたとき、
モーセの兄アロンとミリアムは
モーセがクシュ人の女性を妻にしたことを非難する。
モーセは反論しなかった。

いろいろとモーセの伝承が気になります


音楽は
大佑と黒の隠者達 ~悲愴~ R.I.P



これも最近のお気に入り
美しいバラードですね

もう一度その目で僕を強く叱ってほしい

このリフレインが印象的・・


[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-08-15 09:06 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

2つの荒野~Rain Dropとshizuku

急激な気象変化
ものすごい雷雨で、非常に危険ですね
とにかく「荒い」こと・・

心にも影響を及ぼしますよね

ふと思い出したのは聖書によく出てくる「荒野」

この2つの部分が特に有名ですが

マタイ3:1口語訳
そのころ、バプテスマのヨハネが現れ、
ユダヤの荒野で教を宣べて言った、

ἐν δὲ ταῖς ἡμέραις ἐκείναις παραγίνεται ἰωάννης ὁ βαπτιστὴς
κηρύσσων ἐν τῇ ἐρήμῳ τῆς ἰουδαίας

ἐρῆμος エレーモス
人の住んでいない、寂しい、荒涼たる、荒れた

草原という意味もありますから、砂漠だけではなく人寂しいところという
イメージもあるんですね

久しぶりに現れた預言者ヨハネの「荒野」は、
人がそこまで行くところのようですね

ここと次の章の1節が「荒野」で呼応してるように感じます

マタイ4:1口語訳
さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。

τότε ὁ ἰησοῦς ἀνήχθη εἰς τὴν ἔρημον ὑπὸ τοῦ πνεύματος, πειρασθῆναι ὑπὸ τοῦ διαβόλου.

こちらは本当に最悪のロケーションでしょうか
自分の欲望などむき出しになるところなんでしょうね

行くところではなく、連れていかれるところ・・

今日もひどい天気のようです
どうなってしまうのか・・

砂漠のような環境で
人寂しいところで
ふといい曲が見つかると休まります

The Studs - Rain Drop


いつまで続くかわからない雨の中で・・
傘を貸そう・・・

この曲の別バージョンがしっとりしていいですね



the studs - "shizuku"(rain drop another version)








[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-08-14 07:38 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

流星群を聴きながら

このまえの火星大接近はとうとう見つけられませんでしたが、
今度はペルセウス座流星群が12日未明に見られるそうですね
今度こそ見たいと思っています

なにげに英語でなんて言うのかなと調べたら
meteor stream

知りませんでした
で語源みてびっくり

meteor の語源がギリシャ語で「高く上げる」

さっそく辞書見たらありました
μετεωρίζω 
メテオーリゾー
高く上げる 宙につるす
不安(心配)である

正直な気持ちがあらわれてますね(笑)
隕石の経験値もあったでしょうから、不安を覚えるのは当然

ここから転じて
新約で使用されてるところが面白いです

ルカ12章29節
口語訳
あなたがたも、何を食べ、何を飲もうかと、あくせくするな、また気を使うな

新共同訳
あなたがたも、何を食べようか、何を飲もうかと考えてはならない。また、思い悩むな

καὶ ὑμεῖς μὴ ζητεῖτε τί φάγητε καὶ τί πίητε, καὶ μὴ μετεωρίζεσθε·

心ここにあらずの時には、どうしても宙に浮いた状態ですよね
自然に、どこかに落ちないかと心配・・

そこから転じて
流れ星の一瞬の輝きに望みを願うのもありですね

おりから、はやぶさ2がRyuguの接写を送信してきてますね
調べたら、水があるのではという予想だったんですね
それで岩石だらけの様子ですこしガッカリしてるのかな??

なんだか別件でJAXAを耳にしますが、思い悩みはつきないですね

音楽はやはりこれが好きです


鬼束ちひろ - 流星群







[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-08-10 08:01 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

虹~黒い虹

普通なら夕立があって、ザーと降った後は晴れ上がり
綺麗な虹が見えたものだな・・と
雷は怖かったですが

その普通がさっぱりない

虹がでるのも微妙な大気の状態があってでしょうね

虹で思い出すのはまずここですよね

創世記9:16口語訳

にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを見て、
神が地上にあるすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた
永遠の契約を思いおこすであろう」。

LXX

καὶ ἔσται τὸ τόξον μου ἐν τῇ νεφέλῃ, καὶ ὄψομαι τοῦ μνησθῆναι διαθήκην αἰώνιον
ἀνὰ μέσον ἐμοῦ καὶ τῆς γῆς καὶ ἀνὰ μέσον ψυχῆς ζώσης
ἐν πᾶσι σαρκί, ἥ ἐστιν ἐπὶ τῆς γῆς.


τόξον トクソン 弓 黙示録6-2

新約での原義は弓ですね

形から転じて弓なんでしょうけど、辞書に「虹」の意味が記載されてないところが
気になります??

では黙示録をみてみると

6:2口語訳
そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。
そして、それに乗っている者は、を手に持っており、
また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた。

καὶ εἶδον, καὶ ἰδοὺ ἵππος λευκός,
καὶ ὁ καθήμενος ἐπ᾽ αὐτὸν ἔχων τόξον, καὶ ἐδόθη αὐτῶ στέφανος,
καὶ ἐξῆλθεν νικῶν καὶ ἵνα νικήσῃ.

第七の封印を解いた最初の情景です

冠のギリシャ語も気になるので調べたら
στέφανος ステファノス

あのステファノの名前と同じですね

最初の殉教者の名がステファノであったことと
ここの勝利の意味が重なります

とすると、はかない「虹」ではなく本来的な「弓」
終末で虹が弓に転化するということにつながるのでしょうか・・?

波乱な気象が意味するものからイメージが膨らみます

音楽は‥偶然耳にしたら気に入りました
merryの黒い虹








[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-08-08 11:25 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

梅干しとニンニク~上原ひろみの悲愴ソナタを聴きながら

熱いご飯によく合うのが梅干し
このところよくいただきます
クエン酸、塩分の旨味がヒートストローク予防にとてもいいと思います
よくできてるもんですね、6月に梅が生るなんて・・

人がそれを利用するのですが、まるで夏に備えてというばかりの
自然の配慮

聖書でこれに代わるものというとニンニクでしょうか?
エジプトで虐げられていたと言われてるユダヤの民の食生活は・・?


民数記11:5 口語訳

われわれは思い起すが、エジプトでは、ただで、魚を食べた。きゅうりも、
すいかも、にらも、たまねぎも、そして、にんにくも。

ええ!
これ夏野菜やスタミナいっぱいの健康食ですね
それもただ(笑)

LXX
ἐμνήσθημεν τοὺς ἰχθύας, οὓς ἠσθίομεν ἐν Αἰγύπτῳ δωρεάν, καὶ τοὺς σικύους καὶ τοὺς πέπονας
καὶ τὰ πράσα καὶ τὰ κρόμμυα καὶ τὰ σκόρδα·

χθύας イクテュス 魚  
Αἰγύπτῳ アイギュプトス エジプト
δωρεάν ドーレアン 全くの賜物として 無料で

あのイエスの符牒の魚が「賜物」とは意味深ですね

お魚、キュウリ、すいか、ニラ、玉ねぎの最後にニンニク
持ってくるところか憎い


wiki
原産地は中央アジアと推定されるが、すでに紀元前3200年頃には
古代エジプトなどで栽培・利用されていた。

ニンニクと訳されてるスコルダが新約の辞書では見つかりませんから
新約では出てこないですね
バウアーでも見つかりませんから未確認です

聖書植物園ではニンニクですね


さて民数記から連想するのは
なんのポワソン料理なのかな?
あの風味が食欲をそそり香ばしいですよね

ただほど美味しものはありませんが・・

でもフロイトの「モーセと一神教」を読んでるとモーセがエジプト人であって
イクナトンの一神教を守るためにユダヤ人を選んだという推論は
とっても説得力があります

火の神ヤハゥエとの習合などたしかに矛盾がほどけてきます
人はごく自然に秘密を抑圧するものですが、歴史もその集積だろうと
思います

・・梅干しからそれてきました

とにかくスパイスが利いてると、「主食」が味わえるということを言いたいだけ。。


ニンニク、梅干し、ネギ、ニラ・・スパイスの利いた音楽を探してたら
これが面白かったです



Hiromi The Trio Project – Beethoven's Piano Sonata No 8

たまらないですね
このグルーヴ感!

夏の疲れを癒すのは気の利いたジャズが一番かな。。




[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-08-06 10:06 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

胡瓜~Caesarからの Born To Be Wild

夏野菜が美味しいですが、昨日はテレビからのヒントでキュウリをすりおろして
お蕎麦のツユにしてみました
2本すりおろし黒酢とごまだれで風味づけ
とにかく色が綺麗ですね
e0341228_07325470.png


そばつゆもいいですが、こうして頂くのも涼味効果があっていけると思いました
で、なんとなくキュウリを調べたらびっくり

wiki

江戸時代は、輪切りにすると徳川家の家紋である葵の御紋に似ているところから、
それを食べるのは不敬であるとして、キュウリを輪切りにされることは慎まれていた。


きゅうりでも振りかざしてこのご紋が見えぬかとコントの材料に・・ならないくらい
誰も知らないですよね(笑)

とにかく驚いたのはこれ

紀元前4000年前にメソポタミアで盛んに栽培されており、
インド、ギリシア、エジプトなどでも栽培された。
その後、6世紀に中国、9世紀にフランス、14世紀にイングランド、
16世紀にドイツと伝播していった。
アメリカには15世紀末コロンブスがハイチに持ちこんだのを端緒に普及していった。
キュウリを好物とした歴史上の有名人としてローマ皇帝ティベリウスがいる。

e0341228_08023286.jpg
初代皇帝アウグストの次がティベリウス
このあたり記憶があいまいなので在位期間を調べたら
オクタヴィアヌスことアウグストは紀元前31~紀元後14
2代目ティベリウスは紀元後14~37


wikiに
イエス・キリストが世に出、刑死したときのローマ皇帝である。イエスの言葉である「カエサルのものはカエサルに神のものは神に」(新約マタ 22:17-21、マコ12:14-17、ルカ 20:22-25)の「カエサル」とは、ティベリウスないし彼を含めた(皇帝の称号としての) カエサル(=ローマ皇帝)一般のことである。

「世に出」とあるのは、イエスが公的宣教を開始した30歳ころから刑死するころの皇帝という
意味なんでしょうけど、

とすると、あの有名なイエス誕生物語の皇帝はどちらなのか?

ルカ2章1節 口語訳
そのころ、全世界の人口調査をせよとの勅令が、皇帝アウグストから出た

ἐγένετο δὲ ἐν ταῖς ἡμέραις ἐκείναις ἐξῆλθεν δόγμα παρὰ καίσαρος αὐγούστου
ἀπογράφεσθαι πᾶσαν τὴν οἰκουμένην.

Καῖσαρ カイサル 皇帝と同義語
あのシーザーですよね

Αὔγουστος アウグストス 初代皇帝アウグストス
辞書にはこのルカ2-1で後の皇帝にも用いられた。とありますので
ややこしいですね

在位期間からすると、初代皇帝をさすんでしょうね
とにかくカイサルのものはカイサルへ
キュウリはキュウリ

いまは8月
Augustだから、キュウリ好きなのはなんとなく分かるような。。(笑)

音楽はキュウリの歴史に敬意を表して
Born To Be Wild

2006年のライヴは元気が出ます






[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-08-03 08:09 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

シンギュラリティ~蜉蝣の別離路を聴きながら

AIの自己進化能力は知恵の木の実を食べて自分が裸であったあの創世記みたいだなと連想しました。
テクノロジカル・シンギュラリティはいくつくとこまで行くでしょうし、
神が人をエデンの園から追放したように、AIそのものが新しい「生き方」を
始めるのもあり得るように思います

パソコンやスマホの操作だけであとはすべてブラックボックスの超文化系からしたら、
眺めているだけですが・・

面白いのはwikiにあったキリスト教の終末論との関連の指摘

技術的特異点の概念は、キリスト教終末論から影響を受けていると言われており、
評論家や神学者の中には、技術的特異点の概念を信仰と同一視する者も居る。
WIRED誌創刊者のケヴィン・ケリーは、技術的特異点とキリスト教における
携挙プチャー “rapture”)との類似性を指摘している・・

その聖書箇所ですが、
テサロニケ第4章16-17

                     16

       ὅτι αὐτὸς ὁ κύριος ἐν κελεύσματι, ἐν φωνῇ ἀρχαγγέλου καὶ ἐν σάλπιγγι θεοῦ,

      καταβήσεται ἀπ᾽ οὐρανοῦ, καὶ οἱ νεκροὶ ἐν χριστῶ ἀναστήσονται ἀπ᾽ οὐρανοῦ,

καὶ οἱ νεκροὶ ἐν χριστῶ ἀναστήσονται πρῶτον,  

                      

すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、                                                             合図の声で、天から下ってこられる。

       その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、


                     17

     ἔπειτα ἡμεῖς οἱ ζῶντες οἱ περιλειπόμενοι ἅμα σὺν αὐτοῖς ἁρπαγησόμεθα ἐν νεφέλαις

       εἰς ἀπάντησιν τοῦ κυρίου εἰς ἀέρα· καὶ οὕτως πάντοτε σὺν κυρίῳ ἐσόμεθα


    それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ

         空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。


             ἁρπάζω ハルパゾー  受動態未来

                ひったくる 奪い取る 運び去る 移す 


          このハルパゾーという動詞はピリピの「固執しようとは思わないで」

          神としての立場を謙譲したイエスのところでたしか使われていたかと

          記憶があります。


           こういう終末論的描写って、ふ~ん(笑)程度で

       まったくピンと来ませんでしたが、思わぬところから

             ヒントがありました。


       パソコンを更新したらやたらフォントやその他が乱れて

        特異点状態・・お手上げです(^^♪


            音楽は、蜉蝣の別離路

              

            雪原での永遠の別れ路・・

         特異点での邂逅があるのが心の不思議さかなと感じました

         それにしてもユアナのギターが切ないです

                   

            


                  







 

                        

                        











[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-07-22 09:01 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

フォボス~火星を聴きながら

暑いので冷や汗がでるのを・・(笑)
今日、たまたま英語でいろんな恐怖症の話をしてくれた人がいました

閉所恐怖症
高所恐怖症

このあたりは心当たりありますが💦

先端恐怖症
潔癖恐怖症
広場恐怖症
女性恐怖症
サイトでみればたくさんあるので書きませんが、神経症になるとその苦しみは本人でしかわかりませんよね

で、英語で聞いたんですが、すべてフォビアという語尾
・・・phobia


なんとなく聞いたような言葉だなと思ったら、やはり
ギリシャ語のフォボス 
φόβος が語源ですね

恐れさせる事 おどし 恐れ 

使途の行動で印象的なフォボスというとこの部分でしょうか

καὶ ἐγένετο φόβος μέγας ἐφ᾽ ὅλην τὴν ἐκκλησίαν
καὶ ἐπὶ πάντας τοὺς ἀκούοντας ταῦτα.

5:11 口語訳
教会全体ならびにこれを伝え聞いた人たちは、みな非常なおそれを感じた。


嘘の申告をした夫妻がペトロスのまえで突然息絶える・・

怖いですね~!

不安神経症になりそうな話です

そのギリシャ語のフォボスからもう一つ思い出すのは
有名な衛星の名前

土星かと思ったら、火星フォボスという衛星が回ってるんですね

e0341228_17052739.jpg
地球の月と比べたら、気味悪いかたち

火星は戦争の神様ですし、子分みたいですが、
調べたらもっと怖いことが書いてありました

・・フォボスは火星の自転よりも速く公転しているため、

潮汐力によってフォボスの軌道半径はゆっくりと、しかし確実に小さくなっている。

未来のある時点でフォボスはロッシュ限界を超え、

潮汐力によって破壊されると考えられる。・・・



もし月がだんだん近くなってくるのが分かっていたら

毎日が恐怖でしょうね


そんな火星に移住する計画があるそうですが、

想定内なんでしょうね


知らなかったではすまないです(笑)


怖いもの知らずだからこそのフロンティア精神


人類はいつもこんな調子で切り開いていくんでしょうけど

これもなんとかフォビアなのかも??


とにもかくにもホルストの火星は大好きです

大興奮しますね


今月末、地球に大接近

これ聴きながら赤い天体を覗いてみたいものです


聴かせ方が上手いカラヤンで













[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-07-21 17:22 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧