原語から見える聖書のイメージ

<   2018年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ヴェニスに死す雑感~モーリス・ドニを見ながら

塩野七生さんの「レパントの海戦」を読んだ後、
ヴェネチアが潜在意識にあったのかなかったのか分かりませんが、
偶然昔ながらの古書店でふと手に取った「ヴェニスに死す」を読んでみました
e0341228_03512231.jpg
短くてもとても有名ですが、初めて読んだんです
訳が格調高くてときにはついていけませんでしたが、
ドイツ語原文の構造をそのまま使用してるところなどの解説を読むと
なるほどと思いました

あのゴンドラの黒い形姿は、棺のようでたしかに死を連想させますよね

あの有名なヴィスコンティの映画も見ていないので
念のため調べてみたら、トーマス・マン自身がマーラーの死に触発されて
書いた作品が「ヴェニスに死す」だったんですね
アダージェットの愛のメロディが葬送に重なるわけですね

ワーグナーがヴェニスで亡くなったイメージが強くて、
ヴェニスというともうすでに「死」がゴンドラに象徴されてる
隔絶された都という特別な感じがします

同時代の絵画としてどういうわけかドニのイメージが浮かんだので
挿入しながら・・・
e0341228_04360687.jpg
キリストの墓を訪れる聖女たち
(Saintes femmes au tombeau) 1894年

この墓があの洞穴をくり抜いたイメージではないところがゴンドラ的で
気に入りました

ワーグナーに大きな影響を受けたマーラーの死を悼む場所として
ウィーンではなくヴェニスが浮かんだのはワーグナーへの連想もあったのかな・・?

そんなことを感じましたが
美少年タッジオをとおして観るアッシェンバッハのイメージは
ギリシャの古典的神話世界に満ちてますね

e0341228_04353821.jpg
    


   


アポロンと9人の詩神の神話的風景が、日常の世界のように描かれてるのが、小説のイメージと重なります

  ミューズたち(Les Muses) 1893年  








陽が上るシーンの描写もふくめて、
健康的なギリシャの肉体美の郷愁の風が吹いているようでした
アッシェンバッハが理容師さんに若作りしてもらうところなど、
貴族的な精神の持ち主の切ない本音がそのまま描かれていて
死に場所として意識的に選んだ美意識がいいなと思いました

それはそのまま
ヴェネチアという都市国家の栄光が世紀末の夕日に包まれて
過去に埋没してゆく姿に重なるのですが、塩野七生さんが描かれた
ヴェネチアは民主主義が素晴らしくてまさにギリシャ古典の世界だったのが
とても強く印象にありました

「ヴェネツィアは政教分離の立場から常に法王庁と一線を画してきた、長い歴史を持っている。そのうえ、信教の自由が存在する、当時ではほとんど唯一の西欧の国であった。
異端審問所のわなにかかった不幸な人々は、脱走に成功すれば誰でも、
ヴェネツィア領内に入ってはじめて心から安心できたのである。
・・・このヴェネツィアでは、ルターもマキャベッリも古代のエロスの詩も、
堂々と書店並んでいた。」 
レパントの海戦」110ページ

というわけで
そのあとで読む「ヴェニスに死す」だったので、悠久の時の流れをその背景として
連想したりしてました
e0341228_04355314.jpg
天国 (Le Paradis) 1912年

マーラーは1911に亡くなり
トーマス・マンは1912年にヴェニスに死すを書く・・
なにか憧れますね(笑)

閑話休題
昨日のダービーで「ワグネリアン」が優勝したそうですがなにかの縁?








[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-28 04:53 | 読書・植物・他 | Trackback | Comments(0)

使徒の行動10章16節

拳四郎の
before
e0341228_06271684.jpg
リングに上がってこの笑顔
e0341228_06274642.jpg
after
1ラウンドノックアウト
言葉はごまかせても、表情には全て出るものですよね
この前の試合からとても気になっているのですが、昨夜の試合をみて
あらためて彼のメンタルの素晴らしさにびっくりしました

さて
ペトロスも2回も声が聞こえてきて、表情が変ったでしょうね

τοῦτο δὲ ἐγένετο ἐπὶ τρίς, καὶ εὐθὺς ἀνελήμφθη τὸ σκεῦος εἰς τὸν οὐρανόν.

口語訳
こんなことが三度もあってから、
その入れ物はすぐ天に引き上げられた。

岩隈対訳
こういうことが三回起こった。
そしてすぐにその器物は天に上げられた。

パソコンの関係か、新共同訳のサイトにアクセスがすんなりいかないので
これからは、岩隈にします


τρίς トリス 三回 三度
ペトロスには「三回」というのがこれで「三回め」でしょうか(笑)
とっても暗示的ですね

ἀνελήμφθη アナランバノーの受動態アオリスト3人称単数
使徒の行動1章2節でイエスが天に上げられたときに使われた言葉と
同じなんですね
その意味でも、天に上げられるという意味が深いですね

天に上げられたら何も見えなくなるわけで、
もう一回とはいきませんね

ペトロスの表情がとても気になります






[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-26 15:59 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

使徒の行動10章15節

今朝の朝日です
e0341228_06445002.jpg
前線の影響か雲の流れが速かったです

トンビが頭上を舞ったので「おはよう」と声を掛けたら
ヒュルルーとご返事
こういうところが動物の良いところですね

トンビは好奇心旺盛
また会いたいなと思いました

さて

「めっそうもない」と条件反射的にお断り申し上げたペトロスですが、
即、主の逆鱗に触れなくて良かったです

καὶ φωνὴ πάλιν ἐκ δευτέρου πρὸς αὐτόν, ἃ ὁ θεὸς ἐκαθάρισεν σὺ μὴ κοίνου.

口語訳
すると、声が二度目にかかってきた、
「神がきよめたものを、清くないなどと言ってはならない」。

新共同訳
すると、また声が聞こえてきた。
「神が清めた物を、清くないなどと、あなたは言ってはならない。」

πάλιν パリン もう一度 重ねて
新共同訳は、「また」と訳してますが、

δευτέρου デウテロス 第二の 再び

と重ねて書かれてますので、
口語訳のように「二度目に」と訳すほうが、
今度は「二回目だよ」というニュアンスがよく伝わります

おそらくパリンは二回目の「声」
デウテロスは二回目の「内容」ではないかと感じます

その内容ですが、前節を踏まえて
καθαρίζω カタリゾー 清潔にする 清める
アオリスト3人称単数

清める主語に「その神」をしっかり指示してますね

そして
「めっそうもない」といったσὺ シュ あなた
を強調して命令法としています

ここは新共同訳がきちんと訳してますね

すごく緊張感のある場面だと思います




 





[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-25 07:14 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

NHKスペシャル人類の誕生第2集 ネアンデルタール人雑感

録画で第二集の人類の起源を見ました
おもしろかったです
共通の子孫から枝分かれしたネアンデルタール人がお先にヨーロッパに進出して
寒冷地適応を進めていた
何万年かあとに、ホモサピエンスが同様にヨーロッパに北上を開始
その通り道があの「中東」
e0341228_04420029.jpg
この地図は聖書地図サイトからお借りしたものですが、
アフリカ~シナイ半島~パレスチナとつながりますので
ここをとおらざるを得ないですよね
e0341228_04351145.jpg
今回とっても面白かったのはあのイエスが宣教したガリラヤ湖の近くに
ネアンデルタール人とホモサピエンスの遺跡がかなりの近くに
共存してあった証拠が見つかり
その発掘現場の具体的な紹介と説明がありました
e0341228_04374672.jpg
地中海近くにのマノット遺跡がホモサピエンス
ガリラヤ湖の近くのアムッド遺跡がネアンデルタール人

これは興奮します

なにしろ骨格から再現した最新のネアンデルタール人は原ヨーロッパ人と呼んでもいいような
白系の肌、屈強な体格、ブロンドヘア、青い目、ペンダント、腕輪などのお洒落、
頭脳はホモサピエンスよりも大きく知能は高いと推定
獣皮で身を包んだイメージ再現画像でした
生活様式は家族単位で猛獣に肉弾戦で挑む「人生観」の持ち主

あとからきたホモサピエンスは体格的に劣るので「中東のガリラヤ」
で見たネアンデルタール人に驚いたでしょうね

ハインリッヒ・イベントなどの極端な気候変動などから
適者生存の結果、ホモサピエンスが生き残るわけですが、

ポイントは、ネアンデルタール人との交配があり、
彼等の遺伝子がその後のホモサピエンスのポジティヴに作用しているらしいこと
e0341228_04370076.jpg
現代人に受け継がれたネアンデルタール人遺伝子率の数字は
とても興味深いです

e0341228_04362250.jpg
ネアンデルタール人は強いし、すでに寒冷地適応をしてるので、
楽して生きようなんて考えなかったような・・(笑)
石器に変化がないんですよね
「伝統維持派」でしょうか
e0341228_04354147.jpg
ネアンデルタール人が鍾乳石で造形したものだそうです
昼の狩りの緊張を美しい石で癒した気がします

ホモサピエンスはどうしたら楽して身の危険を守りながら生活を
向上できるか、家族を超えて情報交換が盛んな生き方

家族単位を次第に超えて発展していきますので、他集団との助け合いあれば、
争いごとも起きやすくなる流れ・・
とすると「宗教」が全体を統括する「ソフト」の役割を果たすようになるでしょうね
e0341228_05193018.jpg
洞窟住居に描かれた半身半獣の原始絵画の意味がなるほどでした
再現イメージ映像もリアル

ホモサピエンスとはいいながら、実はネアンデルタール人の遺伝子を受け継いだ
交雑種のようですので、なかには、ネアンデルタール的生き方に思われる
先祖返り現象タイプと思われる人もいて(笑)
それが楽しいなと思いました







[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-24 05:28 | 読書・植物・他 | Trackback | Comments(0)

使徒の行動10章14節

去年、東京湾の自然島、猿島のレンガ積み軍事トンネルを見たとき
真ん中のやや大きな石のデザインが気になってました
ブラタモリの伊豆旧天城トンネルを見てたら
これが要石と解説されていてなるほど合点しました
e0341228_06173246.jpg
全部石積みでアーチを支える力学バランスっておもしろいですね
その石が北と南で違うのも面白いです
e0341228_06170282.jpg
あのマグマが冷えて固まったのが玄武岩
火山灰が石になったのが凝灰岩
玄関側が分かるように石を選んだところに人の切ない営みを感じました
英語でなんていうのかあとで調べてみたいと思います

さて隅の親石ことイエスにえらばれたペトロスも
要石として苦労してますね

ὁ δὲ πέτρος εἶπεν, μηδαμῶς, κύριε,
ὅτι οὐδέποτε ἔφαγον πᾶν κοινὸν καὶ ἀκάθαρτον

口語訳
ペテロは言った、「主よ、それはできません
わたしは今までに、清くないもの汚れたものは、
何一つ食べたことがありません」。

新共同訳
しかし、ペトロは言った。「主よ、とんでもないことです。
清くない物、汚れた物は何一つ食べたことがありません。」


μηδαμῶς メーダモース 決して~しない
 もちろんいたしません

岩隈対訳では「めっそうもない」と訳してますが
注にはメーダモースと語呂合わせとありました(笑)
こういうセンスは良いですね

日本語としても口語訳や新共同訳よりあってる気がします

οὐδέποτε ウーデポテ 決して(まだ、かつて)・・ない

相当に強めてますね
「想定外」の驚きが伝わります

ἐσθίω エスティオー 第二アオリスト エファゴン
食べる 摂取する

κοινός コイノス 共通の 普通の
(祭儀的)けがれた 清くない 

この言葉、本当に面白いですね
コイネーギリシャ語で書かれた新約聖書に
宗教的意味での「けがれ」の意味もあるのですから・・

とにかく、「豚」を宗教的に汚れとしてとらえる感覚は
ユダヤ人の食文化ですので理解を超えてます

ἀκάθαρτος アカサルトス 不潔な けがれた

「なにひとつ」で強めたように、
こちらも、語を重ねることによって強めてますね

身に付いた習慣というのは反射的にでてしまうもので、
なんでだろうという?理性がまず働かない様子のペトロスの
いい意味での石頭が面白いです








[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-23 07:03 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

使徒の行動10章13節

e0341228_06285893.jpg
今朝の空
昨日より風もなく穏やかです

このまえの人類の起源2回めは途中からしか見てなくて
再放送をまってます
ネアンデルタール人はほんの数万年まえは共存してたんですよね
その遺伝子が受け継がれてるのがとても興味深いです
e0341228_06341136.jpg
ジブラルタルの海岸が最後の地だそうですね
刻まれた模様の意味を知りたいところです

さて
ペトロスにとっても意味を問いかけられてますね

καὶ ἐγένετο φωνὴ πρὸς αὐτόν, ἀναστάς, πέτρε, θῦσον καὶ φάγε.

口語訳
そしてが彼に聞えてきた、
「ペテロよ。立って、それらをほふって食べなさい」。

新共同訳
そして、「ペトロよ、身を起こし、屠って食べなさい」と言う声がした。


口語訳のように、まず「声」フォーネーが聴こえてきたわけですが、
誰かが語ったという表現ではなく「声」そのものですね

おもわず耳を澄ます状況かとおもいます

アニステーミ 立ち上がる 起きる 
他の動詞と結合し単にその動作の開始を示すに過ぎない
「さあ」にひとしいという

シュオー 供え物(いけにえ)を供える 屠る 

空腹だから何かを食べるという前に、食物は供え物、神に受け入れられるものが
ユダヤ人の伝統ですね

エスティオーの第二アオリスト命令 ファゲ
食べる

「すべての」地と空の命が食べ物としての供え物
そういう意味に「声」が言ってるようにも聞こえますが・・

見ている空腹のペトロスからすると
あまり嬉しそうな雰囲気が伝わりませんね(笑)
なにが問題なのか?









[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-21 07:07 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

使徒の行動10章12節

e0341228_06375157.jpg
早朝ジョグ始めて3週間目かな・・
今朝の空模様です
ここ1週間の極端な気候に戸惑うような雲行きでした
でも涼しくてとても気持ちが良かったです

さて

そんな空を見上げてたら
四隅をつるされた入れ物が降りてきました

ἐν ᾧ ὑπῆρχεν πάντα τὰ τετράποδα καὶ ἑρπετὰ τῆς γῆς καὶ πετεινὰ τοῦ οὐρανοῦ.

口語訳
その中には、地上の四つ足這うもの、また空のなど、
各種の生きものがはいっていた

新共同訳
その中には、あらゆる獣、地を這うもの、空の鳥が入っていた。

ὑπάρχω ヒュパルコー 存在している ある 
τετράπους テトラプース 四足の 四つ足獣
テトラポッドのテトラですね

ἑρπετόν ヘルペトン 這う動物 爬虫類の動物
πετεινός ペテイノス 飛ぶことのできる 翼のある 鳥

「各種の」という種の分化
「あらゆる」という全体感
πᾶςが獣、爬虫類、鳥のすべてを包括しているようです

魚がいない?
地上に上がった魚類のヒレが四つ足に進化して爬虫類も生まれ、
鳥類は爬虫類から分化したそうですね

地と天という空間に満ちて、あの産めよ増えよの原点を
思い出します

一つの布のような素材
これも、イエスを包んだ亜麻布を思い出しますが、
読み込み過ぎかも・・?







[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-20 07:05 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

プーシキン美術館展 東京都美術館

プーシキンの生誕100年だったかな、それにちなんだ命名だそうですが
4人のコレクターの紹介もきちんとしていて沿革がよくわかりました

プーシキン美術館展
e0341228_06493841.jpg
旅するフランス風景画というサブタイトルが今の季節感にぴったし
上野公園の木漏れ日のなかで見るポスターがキャンバスのような・・

このポスターの大判見開きががとてもよくできていて
そのまま部屋の壁に「展示」しています

フランス各地を絵を見ながら旅しましょうという本気度がよく伝わるんですよね
都美術館はとっても好み
パンダを横目にいい旅してきた気分になりました

旅は些細なことも印象にのこり、リフレッシュさせてくれますが、
一連の絵画もそういうアレンジなので気楽にみられますね

若きモネがサロン入選を目指したポスターの有名な絵のキャプションが
面白くていいガイドさんでした
e0341228_07001304.jpg
ブナの木でしょうか・・
ハート♡(笑)
ワトーのあの有名シテール島への船出が好きだったそうですが、
エコーしてますね
Pはなんだろう??気になります??

完成が遅れた理由がクールベのアドヴァイスを聞いたら
返って上手くいかなかったようですね
オルセーの方だったかな、クールベの顔にしてるそうですね
ピクニックの様子など、どちらかというと、比較されたオルセーのほうが
好みでした

そのクールベのスイス亡命時に描かれた
「山の小屋」のすっきりとしたアルプスが清涼感たっぷりで美しかったです

山と言えばセザンヌですが
このシンプルさの良さが少しわかりました
(画像はネットから拾いました)
e0341228_07113302.jpg
サント・ヴィクトワール山の平野
ヴァルクロからの眺め

彼はピサロに習いますが、ピサロは
「誰も何とも思わない何もないところに美を見出すのが幸福なのだ」
とかいう趣旨の発言が彼の「耕作地」という絵のキャプションにありました

この「平野」部分がピサロを想起させてくれました
e0341228_07191231.jpg
レ・ローヴからの眺め

ここから彼独特の思考が始まったのかなと
とっても参考になりました

独特の思考と言えばこの人でしょうね
アンリ・ルソー
「馬を襲うジャガー」
e0341228_07225630.jpg
案外コンパクトな絵です
ジャングルの葉が異様に大きいのでそういう錯覚をおぼえるんでしょうね
そして、あるべきジャガーの血だらけのシーンがなく、
白馬はまるで、自分が白昼にそういう夢でも見てるように
何一つ動じていない顔が神秘的
たてがみなど神々しいです

ジャガーはじゃれてるんでしょうか(笑)

ルソーで見えない世界を旅したらやはりこういう絵にほっとします
e0341228_07312464.jpg
モネ
「陽だまりのライラック」

もうたまりませんね

そよぎ、囀り、ライラックの香り・・
こういう時の流れが一番だなと思いました
なんとなくフランス系音楽の和声が聴こえてくるんですが
具体的な音楽を思い出すというよりも
色彩が放つ煌めきのような響きです

というわけで、ロシアのような涼しさのなか、
お土産が楽しみ
e0341228_07412550.jpg
チューブ入りマロン
塩キャラメル
コロコロした地図のクッキーなどなど・・







[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-19 07:45 | 美術・コンサート・映画 | Trackback | Comments(0)

使徒の行動10章11節

旅するイタリア語でナポリの地下をマッテオさんが案内するというので
てっきり古代遺跡かカタコンベみたいなイメージがしてましたが、
e0341228_03091461.jpg
あまりに斬新なアート空間の地下鉄に驚きました
e0341228_03110793.jpg
なんでしょうね、このセンスの良さ!
e0341228_03133980.jpg
あのマンマミーアはこういう時に使えるんですね
メリルストリープのダンシングクイーン思い出しました

さて
空腹を覚えたペトロスが屋上でエクスタシー状態になりました

καὶ θεωρεῖ τὸν οὐρανὸν ἀνεῳγμένον καὶ καταβαῖνον σκεῦός τι
ὡς ὀθόνην μεγάλην τέσσαρσιν ἀρχαῖς καθιέμενον ἐπὶ τῆς γῆς,

口語訳
すると、天が開け、大きなのような入れ物が、四すみつるされて、
地上に降りて来るのを見た。

新共同訳
天が開き、大きな布のような入れ物が、四隅でつるされて、
地上に下りて来るのを見た

「天が開け」という表現はステファノの殉教のときにもありましたね
カイを「すると」ときちんと訳したほうが出来事の大きさが伝わります


アノイゴー 開く あける 解く
カタバイノー 下る 降りる 落ちる 
スケウオス 器具 道具 容器 什器
オソネー 亜麻布 (一枚の)布
テッサレス 四
アルケー 初め 本源 (その)端 隅 

あの「初めに言葉があった」のアルケーですね
四大元素の本源から・・つまりすべてと言う事でしょうか?

カティステーミ 置く ・・にする
受動態現在分詞中性単数対格

布全体が一枚として入れ物のように「地上に」置かれるというのは、
マンマ・ミーアな情景ですね

このところパソコンのコピペや反応が悪くてやっとアップしてます
オーマイガッ










[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-17 04:09 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)

放送大学をみて~パレスチナ問題

のニュースをリンクします
アメリカ大使館のエルサレム移転に抗議するデモでのイスラエルの
発砲で犠牲者がでました

すでにアメリカは過去の大統領の時に移転決議はしてるそうですから、
対イランをも睨んだ布石でしょうか??
とにかく有史以来の宗教政治、大国同士の利害が絡んで複雑すぎますが、
それだけに事実関係を過去から見ていかないとと思ってます。
e0341228_04464840.jpg
その意味でとっても参考になるのが、放送大学での「パレスチナ問題
受講してるわけではありませんが毎回楽しみにしてます
高橋教授の書斎の学問ではない肌に触れるような語り口と、
知的ユーモアが心に響きます
e0341228_04491900.jpg
第4次中東戦争で石油危機が発生した時の日本の政治家のアメリカ寄りではない
アラブ寄りの政治を評価しながらも、本来の外交からすれば「アブラ」寄りではないかという指摘など、本質的なところをかんがえさせてくれますね
e0341228_04501796.jpg
その日本が理解した国連決議の訳と原文との相異の
カラクリなど、訳だけでは怖いなと思いました

使徒の行動10章11節をアップするつもりでしたが、
長くなったので、又にします








[PR]
by yokohama-izumi-lc | 2018-05-16 05:05 | 聖書を原語で考える | Trackback | Comments(0)



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
画像一覧