人気ブログランキング |

原語から見える聖書のイメージ

<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひよ2018

今年も10月ごろからだったか・・ヒヨドリが来ました
今年も。。なんて言えるくらいこうして来てくれると嬉しいですね



なにしろ毎年違うヒヨドリが一羽だけ来てくれます

なにか北国で申し合わせがあるのか(笑)と思うくらい・・

2018年度はかなり若い子です
さすが機敏でおちつくまであちこち遊びまわってました
こっちも餌付けをするつもりもないし
あっちも餌付けられるつもりもないくらい、食べ物は見つかるようです

でも・・

小さなパンくずならいただきます・・という感じで
鳴いて催促もなし

鳴かれると甲高い声なのでやや苦手
ひっそりと枝にとまって存在感オーラを発します

すると、首筋あたりかな??(笑)
感じるんですよね!

もう窓を開けて近づいても逃げません

改めて性質を確認すると

「・・飼い主を見分けることから平安時代貴族の間で盛んに飼われた。
古今著聞集などにその記述があり、、、」

なんとなく自分が飼われてる気がします

冗談はともかく、Twitterで見るセレブ達のクリスマスのバカ騒ぎや
形式主義に堕した宗教行事よりも
動物や生き物に癒され学ぶことが多いです

また桜咲くころ北国にかえります

記録に取り出してからの性格を控えておきます
2018年 青春を謳歌してるジャニーズ系
2017年 メジロなどを追い払ったりしない紳士系
2016年度 感情豊かで庭の水やりなども興味深く見ていた
フレンドリー系











by yokohama-izumi-lc | 2018-12-25 12:30 | 読書・植物・他 | Comments(0)

フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館

秋晴れがいまごろやって来たという感じの気持ちいい気候
e0341228_09013664.jpg
冬薔薇が綺麗でした

ワシントン・DCにあるというフィリップス・ダンカンのコレクション展を見てきました
慧眼と審美眼と、それを市民と共用しようとする姿勢から生まれた美術館は
ポリシーに個性があって面白いですね

展示作品にダンカンの言葉が添えられていて、なんで選んだのか、面白い表現に出合いながら
絵をみるのもいいです

ショップにダンカンの当時の邸宅のミニチュアがありますが
隣り合わせに、どういう絵があうのか、または刺激しあえるのか
そのあたりの彼の想いがくみ取れて、そういう感じで彼の邸宅にお邪魔する見方で
楽しみました

そうでないと、ただの通りすがりで「印象」しか残らないですよね

まずはこの言葉が面白いです
e0341228_09145957.png


「小さな人物たちを手本にして二次元へと平面化し、
そのシルエットを前面に拡げてアラベスクにする・・・
すると典型的なマティスとなる」

これにはびっくりしました

いい表現ですね

彼が選んだマティスは・・
e0341228_09202073.png


マティスを見るときにはダンカンの言葉がよみがえると思います

この言葉も気に入りました
e0341228_09230973.png


「古い時代の芸術原理に立ち戻りながらも、
新たな美的イデアに対して開放的な精神をもった
果敢な人物」

ドラクロワはパガニーニのデヴューを聴いたそうですね

評価の定まる前から目をつける姿勢はダンカンに通じます

そういうダンカンも最初はセザンヌを評価してなかったのが面白いです
e0341228_09323893.png


ダンカンさん、キュビズムからの逆影響でしょうね
評価を変えて、1928年に45,000ドルで購入
安かったですね

この作品はぼくもとても気に入りました
あの気難しい、非妥協的で非社交的な性格がそのまんま出てるところ(笑)

その反対にに見るものを幸せにするボナールを積極的に集めたのは
分かりやすいですね
新美術館でことし、たっぷりみたので割愛

この人に注目してくれたのがさすがと思いました
e0341228_09381135.png

大戦で苦労した世代の社会批判精神は健全ですね
そういう意味でこれも・・

e0341228_09400308.png


もうひとつのスーチンの白いナプキンに包まれた
横たわる雉の目がとても切なかったです

スーチンやココシュカなども好きなので久しぶりにみられてうれしかったです

ダンカンのこの言葉も印象に残りました

「上品で洗練された芸術の美的態度に反感を抱く
すべての人々が敬愛する真の巨人」

クールベのことですけど、ダンカンの気持ちもつたわりました






by yokohama-izumi-lc | 2018-12-22 09:52 | 美術・コンサート・映画 | Comments(0)

METライブビューイング 西部の娘 

METライブヴューイングの三番目はプッチーニの西部の娘
昨シーズンのトスカ、ラ・ボエームと観てきたのですが、
そんな作品があったのかな?程度の印象の薄さで躊躇しましたが・・

メトロポロタン・オペラがプッチーニに委嘱した作品で、
なんとオペラハウスの最初の作品
そして最近、大森林火災でとくに気になっていたカリフォルニア

このまえのアイーダがストーリーを知らないで見たらとてもよかったので
今回もそうしたら、音楽もストーリーもそしてドラマを観てるような演技も素晴らしくて
とっても感動しました





配役がドラマにピッタリで西部劇そのままの演出が冴えてますね

酒場のマドンナ役のようなヴェストブルクのミニーが迫真的で
最初に登場するシーンがかっこいいこと

正体不明のサクラメントから来たと自称するカウフマンのジョンソンも
カウボーイが決まってますね

その二人を引き立てるシェリフのランスことルチッチのクールさと悲哀が
とてもドラマに奥行きを与えてました

ポーカーシーンは必見ですね

西部の娘というネーミングで損してると思いました
ミニーだけのほうが、トスカと同じように有名になった気がしますが、
こういう隠れた名作を楽しむというのも醍醐味かも・・

カリフォルニア州をついでにざっと調べてみたら
オペラのゴールドラッシュ時代も含めてとても興味深いです

たまたま州のモットーを見つけら
なんと
ギリシャ語のヘウレカ

テレビでもそんな番組あるようですが
あのアルキメデスで有名ですよね

金で一攫千金の夢
でも、本当の夢は??

そういうオペラでした








by yokohama-izumi-lc | 2018-12-12 09:03 | 美術・コンサート・映画 | Comments(0)



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ウィーン・モダン展 国立新美術館
at 2019-05-04 09:12
中丸まどか・ワウター・ドゥコ..
at 2019-03-08 10:50
Jose Carreras...
at 2019-02-13 08:39
This Is America
at 2019-02-11 19:48
Ariana Grande ..
at 2019-02-09 18:47
METライブビューイング 椿姫
at 2019-02-08 18:43
臘月
at 2019-02-07 19:58
Bach, Sonata f..
at 2019-02-06 20:56
Utagawa Hirosh..
at 2019-02-05 19:16
One of these d..
at 2019-02-04 18:28
Sheku Kanneh-M..
at 2019-02-03 19:13
Roger Waters -..
at 2019-02-02 21:44
A Thousand Yea..
at 2019-02-01 20:28
ユダのはらわた Rita O..
at 2019-01-31 19:40
閉められた戸 Willie ..
at 2019-01-30 18:49
高慢と偏見
at 2019-01-29 20:55
葡萄の木
at 2019-01-28 18:37
叫びを鎮める
at 2019-01-26 21:29
ゴッホの栗の木 弦楽器と打楽..
at 2019-01-24 19:22
金のイヤリングと金の子牛
at 2019-01-23 18:44
記事ランキング
画像一覧