人気ブログランキング |

原語から見える聖書のイメージ

METライブビューイング 椿姫

ヴェルディの椿姫を観てきました。
苦手のヴェルディなのですが、ヴィオレッタのディアナ・ダムラウの
素晴らしさにぐいぐい引き込まれました。
e0341228_17583599.jpg
もう言葉にするのが、意味ないくらい感動しました

ただびっくりしたのは、新作の「マーニー」と同じ演出家
だったんですね。
e0341228_18101688.jpg
あのマーニーの世界に浸った後、
同じ演出家による古典物の新演出でしたので、
非常に楽しめました。

ダムラウのインタビューで演出のことに触れてましたが、
自身がヒロインになり切れる演出だったんでしょうね。
e0341228_18203564.jpg
演技が冴えていて、歌で感動がマックスになり
セリフでカウンターパンチを食らったように痺れました。

e0341228_18144248.jpg
とにかくダムラウにブラーヴァ!
乾杯です!

e0341228_17575903.jpg
花の移ろいの儚さが美しい


道を踏み外した女というよりも
みながら、なるほどこれは確かに椿が似合うなと思いました。
とってもいい邦題ですね

いまちょうど蕾が開き始めたところ・・

雪中四友

この言葉、蝋梅をみて知りましたが
梅 水仙そして椿

ちょうどオペラでも味わえて不思議なタイミングだなと
思いました。

あとは、セガンのリハ風景や、おもわぬハプニングなど
見てのお楽しみ。
e0341228_18151514.jpg
総裁のゲルブがインタビューするところ
好感もてますね


指揮:
ヤニック・ネゼ=セガン
演出:
マイケル・メイヤー

出演:
ディアナ・ダムラウ、フアン・ディエゴ・フローレス、クイン・ケルシー

上映時間:
3時間25分(休憩2回)

MET上演日:
2018年12月15日

言語:
イタリア語




# by yokohama-izumi-lc | 2019-02-08 18:43 | 美術・コンサート・映画 | Comments(0)

臘月

いま蝋梅が咲いてますね。
独特の艶のある花はロウソク細工のよう・・
e0341228_18352640.jpg

香りがこれまた良いんですよね!
水仙系の芳香がなんとも言えません。

ろうばいは英語で何というのか調べたら

Wintersweet

英語は香りを優先したようです(笑)

蝋梅を調べたら面白いこと!

雪中四友

梅 水仙 椿 そして蝋梅

これから週末、雪が降りそうなタイミングでいい言葉を知りました。

e0341228_18354896.jpg

日本水仙は庭で咲いてますが、2週間くらい咲いてるので
切り花にして活けてます。

驚いたことにもう五日目かな。。

シャンとして元気
いい香り!

か細い茎なのですぐにダメになってしまうかなと思ってました。


雪が降るころに咲く花は強いのかも・・


名前の由来なんですが、

蝋梅(ロウバイ)の名前の由来は様々で、中国名「蝋梅(ラ ーメイ)」
を日本語読みしたもの、花の色や光沢が蜜蝋(みつろう)を連想させるから、
臘月(陰暦の 12 月)に 花が咲くからなどがあります


陰暦の12月を臘月というなんて初めて知りました

「臘」とは「つなぎあわせる」という意味で、
新年と旧年の境目となる旧暦12月のことを「臘月」ともいう


ちょうど今、蝋梅の生まれ故郷の中国は春節で花火シーズンですよね
蝋から新年に「つながる」とは、なんとなく縁起がいい花をみた気がしてきました。

ところでクリスマスなどキャンドル礼拝とかいってローソクは
キリスト教会にはつきもの

当然、ロウソクが聖書にあるかとおもってググってみましたが
見当たらないんです(゚Д゚;)

燭台はよく出てくるので
イメージだけでロウソクを思い浮かべてました。

考えてみれば・・
明かりはオイル系で灯してたんでしょうね。

パッと、明かりが灯ったような気がしました(笑)

マタイ5章15節口語訳

また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。
むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。

οὐδὲ καίουσιν λύχνον καὶ τιθέασιν αὐτὸν ὑπὸ τὸνμόδιον
ἀλλ᾽ ἐπὶ τὴν λυχνίαν, καὶ λάμπει πᾶσιν τοῖς ἐν τῇοἰκίᾳ.


λύχνος
リュクノス
燈火 ランプ

λυχνία
リュクニア
燈火台 

λάμπω
ランポ―
光る 輝く 照る

あのランプにつながりますね

蠟燭だろうがオイルだろうが、肝心なのは明るく照らすこと
ということでしょうか。


閑話休題

実は梅を見にいったついでに蝋梅を偶然見つけました

紅梅は咲き始め
とても艶やかでした
e0341228_19425193.jpg

蝋梅と紅梅

どちらも梅科かと思いましたが、

蝋梅はロウバイ科
梅はバラ科サクラ属


植物の「科」はややこしいです











# by yokohama-izumi-lc | 2019-02-07 19:58 | 読書・植物・他 | Comments(0)

Bach, Sonata for violin and piano in F minor BWV 1018

無伴奏のヴァイオリンソナタとパルティータの影にかくれてる
イメージがありますが、

ヴァイオリンとチェンバロのソナタも、デュオならではの対話があって、
まえから気になってます。

CDでいい演奏をもってるのですが、どういうわけか手が伸びなくて困っていたところ、
YouTubeで素晴らしい演奏に出会えました。

全6曲、ぞれぞれ魅力的ですが5番ヘ短調が沁みました。



Frank Peter Zimmermann & Enrico Pace
教会という場が生きてますね


調べたら、バッハの個人的体験が重なるようですね。


第4番と第5番については,深い憂愁が漂っていますが,
これには,この年の妻との死別が関係していると言われています。」

その妻こと、マリア・バルバラ・バッハ 、再婚したアンナ・マグダレーナは
有名ですが、バルバラのほうはあまり、というかほとんど知りませんでした。

wiki読んでみると、バルバラに関連して生まれたと思われる
曲の指摘になるほどです。


第一楽章のピアノで奏でられるテーマはサイトによると、

・・モテト「来れ,イエス,来れ」と関連がある。

CDの解説にも
追悼式用モテット「来ませ、主イエスよ、来ませ」BWV229
のそれと重なり合う、と書かれてました。

特に好きなのは第三楽章

ヴァイオリンの重音の響き、寄り添うピアノに心ゆすぶられます。

「・・この曲だけ,すべての楽章が短調となっている。・・」

5番は、とくに特別な想いが込められてるんでしょうね・・


来ませ、というとなんとなく力強いイメージがあります。
信仰上、当然でしょうけど・・どこか願望の極点の響きも感じます

黙示録22章20節
以上すべてを証しする方が、言われる。「然り、わたしはすぐに来る。」
アーメン、主イエスよ、来てください


ἔρχομαι
エルコマイ
命令形

口語訳の「きたりませ」
は語感がいいですね。

どこか音楽的です。

「来たりませ」のなかには、追悼式モテットの調べのように
深い喪失感と諦めと慰めが込められてるように思いました。








# by yokohama-izumi-lc | 2019-02-06 20:56 | 聖書を原語で考える | Comments(0)

Utagawa Hiroshige

British Museumのtweetが可笑しくてユーモアのセンスが
さすがイギリスだなと思いました

Everyone’s talking about the today, so here’s a superb owl from the collection! 🦉🏈

e0341228_18330613.jpg


superb owl

語呂合わせといい、可笑しみが感じられる梟の眠たそうな目といい、
おもわずほっこり(笑)

This sleepy owl was made in the 19th century by Utagawa Hiroshige. The inscription is a haiku,
which roughly translates as:

‘The old maple
looks rosy and refreshed
from end to end’

だそうです。

スーパーボールに夢中になってるところを、眠たそうな梟がなんだか夢のなかで
ブツブツ言ってる感じがして楽しい絵です

夜行性だから、夜は目がランランなイメージがありますが、

名月にたまにはゆっくりとしたいのか、
ホ~ホ~ではなくてボ~っとしてるところが気に入りました。

ボー(笑)といえば BORING
ニュースがこれまた面白いです



夢がパチンと覚めるとつまらないものですよね

たまたま雅歌を見てみたら、

雅歌2章1節口語訳
わたしはシャロンのばら、
谷のゆりです。


たしか。。バルザックでしたっけ?
谷間の百合を読んだことありますが、小説のタイトルとして夢がありますよね。

とくにここが出典かどうか調べてませんが・・


ところが新共同訳をみると、

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

そういう意味も当然にあるんだと思いますが、
険しいからこそ清楚さが引き立つイメージが感じられません

ヘブライ語で見てみると

אֲנִי֙ חֲבַצֶּ֣לֶת הַשָּׁר֔וֹן שֽׁוֹשַׁנַּ֖ת הָעֲמָקִֽים׃

アマ―キームと読むんでしょうか
久しぶりにゲゼニウスで調べたら

vale
valley
lowland

valeの訳は谷間

例文がこれまた興味深いです



そういう小説でしたよね、たしか。


ふくろうは、まぁまぁ、そんな細かいこと気にしない気にしないと
さすが、賢者!










# by yokohama-izumi-lc | 2019-02-05 19:16 | 聖書を原語で考える | Comments(0)

One of these days

オーストラリアの猛烈な気温がちょっと異常
e0341228_17525670.jpg
Twitterの写真ですけど、広大な地域が真っ赤

あの熱中症の記憶が鮮明なので、怖いですね

極端なイメージのところから
ピンク・フロイドのOne of these daysを連想して探してたら・・

オーストラリアに見事なトリビュート・バンドが見つかりました

One Of These Days - Australian Pink Floyd


これがなかなか良くて、こういう想像力に溢れるライヴが求められてるのも
トリビュート以上のものがあるなと思いました。

そしたら夜中から、猛烈な風。
そんな演出頼んでないのに凄かったです。
また暑いこと。。

今日のニュースでは


投稿されてる写真が凄くて震え上がります

南極と比較した気温図が必要になるとは・・・


あらためて、歌詞を確認すると


One of these days
I'm going to cut you into little pieces


シュトックハウゼンばりに電子音楽のような音声が
天啓のようで、とても好きです

天啓といっても有り難くないのが困りますが、
音楽の粉々にされるようなエクスタシーに
放り込まれます

砕かれるといえば・・

マタイ21章44節新共同訳

この石の上に落ちる者は打ち砕かれ、この石がだれかの上に落ちれば、
その人は押しつぶされてしまう。」


押しつぶす

λικμάω
リクマオー
(蓑で穀粒と籾殻とを選り分ける)押しつぶす 粉砕する

言葉を慎重に分けてますね
粉砕して選別する含意がありそうです


オーストラリアン・ピンク・フロイドも良いんですが、
やはりメイスンの神がかったドラムスのオリジナルに戻りました。



Pink Floyd - One of These Days [HD]





# by yokohama-izumi-lc | 2019-02-04 18:28 | 聖書を原語で考える | Comments(0)



原語から見えて来る聖書のあれこれ素人雑感・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ウィーン・モダン展 国立新美術館
at 2019-05-04 09:12
中丸まどか・ワウター・ドゥコ..
at 2019-03-08 10:50
Jose Carreras...
at 2019-02-13 08:39
This Is America
at 2019-02-11 19:48
Ariana Grande ..
at 2019-02-09 18:47
METライブビューイング 椿姫
at 2019-02-08 18:43
臘月
at 2019-02-07 19:58
Bach, Sonata f..
at 2019-02-06 20:56
Utagawa Hirosh..
at 2019-02-05 19:16
One of these d..
at 2019-02-04 18:28
Sheku Kanneh-M..
at 2019-02-03 19:13
Roger Waters -..
at 2019-02-02 21:44
A Thousand Yea..
at 2019-02-01 20:28
ユダのはらわた Rita O..
at 2019-01-31 19:40
閉められた戸 Willie ..
at 2019-01-30 18:49
高慢と偏見
at 2019-01-29 20:55
葡萄の木
at 2019-01-28 18:37
叫びを鎮める
at 2019-01-26 21:29
ゴッホの栗の木 弦楽器と打楽..
at 2019-01-24 19:22
金のイヤリングと金の子牛
at 2019-01-23 18:44
記事ランキング
画像一覧